ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

由布院温泉 二本の葦束 後編 

みなさま、こんにちは

阿藤快です、嘘です、ぷうですw 

 

由布院の旅館は総じてお高め設定なのですが、

御三家(玉の湯、亀の井、無量塔)とまではいかずとも、

こちらのお宿も、高級旅館という括りで間違いないと思います 

それなのにと言ったら失礼ですが、お食事が「なんだかなぁ」な内容で。。。

初めてではないのでなんとなく予想はしていましたが、

再訪して曖昧な記憶が確信に変わりました(笑)

 

 

お食事は別棟の、お食事処でいただきます 

DSC07802

白いのはお餅で、ひとつずつ枝にくっつけた花のような演出...とっても綺麗餭

 

DSC07766

テーブルには、すでに『前菜』数品と、

点火されるのを待つばかりの『豊後牛のすき焼き』がセットされています

これだけでもう「なんだかなぁ」な、わたくし。。。

着席と同時に飲み物を聞かれ、すき焼きも点火開始です 

その間に、並べられた前菜をいただきます

どれもまあ特筆すべきこともない普通のお味(濃いめ)で、そして冷たい。。。

 

DSC077672人分ずつ

「すき焼き、どうぞ〜」というお宿の方の声かけで、いただきます

なんと申しますか、すき焼きというより、もう煮込みですね

「なぜに全部ぶっこんでの点火? せっかくの豊後牛が泣いてるぜ?」

口にはしませんが、わたくしの心の変化にすぐさま気づく反笑いのぷう夫

そんな目で見るなぁぁぁ...

 

お品書きが無いので、次に何がくるのかわからずお酒選びも迷います

ま、ビール、白&赤ボトルと満喫させていただきましたけども。。。

そして、すき焼きをいただいてる最中に、2品やってきます 

DSC07770

まさかのオニオングラタンスープ

すき焼きと??マリアージュ??

 

DSC07771

なんか忘れましたが、確か自然薯と根菜の揚げ物だったかと。。。

 

 

ここで「この後はお食事になりますが...」と、メインがすき焼きだったことが判明w

「どうぞお願いします」と承知した、〆のご飯物が、これ!

DSC07772 

はい、きました、スッポンのおじや〜

わたくしの頭の中のはてなマークが、目から耳からドロドロと。。。笑

んで、デザートは白玉ぜんざい(もう写真も省略w)

 

 

そもそも『すき焼き』って嬉しい?

旅館に行って、鍋系を出されると途端にがっかりするのはわたくしだけ? 

奥さまは日頃の家事から解放されて、非日常を求めとるわけですよ

自分では作れないような美味しいもの、珍しいものを、楽しみにしとるんですよ

それがすき焼きって... 

なんだかなぁ...

 

 

日付変わって、朝食はお正月仕様の豪華版でございます 

DSC07795 DSC07797

 DSC07794 DSC07801

お屠蘇飲み放題(飲めるかーっ)で、あとはお刺身の盛り合わせがありました

まーねー、こういうのって本当に好みの問題なんでしょうけども、

「朝からこんなに攻められても...」ってなとこが正直な気持ちでございまして(笑)

 

「夜に出してよ!よーるーにっ!」

テーブルをバンバン叩いて叫びそうになるくらいの、おつまみ系オンパレードwww 

予想通り、姪っ子たちは「味が濃い〜(涙目)ご飯ください!!!」となってましたが 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

訪れる人全員に満足してもらえるなんて、それは不可能に近い事だと思います

重々承知しております、しておりますがね、今回のお食事はホント残念でした。。。

それ以外が素晴らしいだけにホントもったいない。。。 

『このクラスだったらもっといいとこが。。。』 

わたくしの率直な感想です

再々訪は...

ないんだなぁ...Ф 

 

お母さん、ごめんなさい

 

 

=コメントをくださる方へ= 

いつも嬉しいコメントありがとうございます

去年までは、コメントのお返事をこちらでさせていただいておりましたが、

今年から、みなさまのブログの方へお返事させてください

ブログをお持ちでない方には、こちらでお返事させていただきます

どうぞよろしくお願いいたしまーす֥ϡ

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


スポンサーサイト

[edit]

由布院温泉 二本の葦束 前編 

みなさま、こんにちは

「今晩はカレーだよ」と見送った夫のランチはカツカレーでした、ぷうです

ダブらないようにと伝えたつもりですが、ランチの頃にはすっかり忘れてたそうです

あ、もちろん夜カレーも参加してました 

今年もぷう夫の天然は健在です、ご安心ください(笑)

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

さてさて、年末年始は実家で過ごし、お正月2日目は恒例となっております、

家族で温泉旅行へと参りました

いつも母が頑張って予約してくれるのですが、今回お世話になりましたのは、

姪っ子が大好きな、大分県の由布院温泉二本の葦束さん

DSC07805

4500坪の敷地内に母屋と離れ10棟のみ、贅沢な造りとなっております

設えが異なる10軒の古民家が、ひろーい敷地に点在している素敵な空間です 

 

DSC07717

到着しますと、こちらの盛り合わせでひと息。。。

甘酒、フルーツ、スイートポテト、ピクルスと盛り沢山な内容でございます

思い返せばこれが一番美味しかった。。。なんつて(笑)

  

DSC07743

わたくし達がお世話になるのは『戸田邸』という一軒家です 

 

 DSC07750 DSC07751

 DSC07752 DSC07721 DSC07723

一軒家なのでカウンター&リビングがあったり、書斎があったり、

こたつの部屋があったり、ベッドルームと布団敷きの寝室は3つに分かれています

 

DSC07757  

 DSC07756 DSC07778

温泉は、源泉掛け流し(加水による温度&湯量調節あり)

すべて貸し切りで、空いていればいつでも入れるシステムです

ただ頑張って歩いて行っても『入浴中』なんてこともあり、

ぷう夫に先に走ってもらって、○か×か合図を待つわたくしw

 DSC07727

だって人気の竹林風呂なんて、あーんな先にあるんですもの

もっと手前に看板とか設置していただけたら有り難いのですが。。。 

 

DSC07732 DSC07733 

温泉巡りの途中、温泉たまごやジュースのお楽しみもڤ

ぷう夫さん、お気に入りのスポットですw

 

DSC07735 DSC07734

コーヒーやお茶菓子が用意された談話室や、不思議な品揃えのショップ、

イタリアを中心に豊富なワインが揃ったバーなど、

パブリックスペースも、なかなかの充実っぷりでございまして、

広大な敷地内をぶらぶらお散歩するだけでも楽しく、

時間を持て余すということがありません 

 

クチコミなどでも星4〜5と高評価のところが多い、予約を取りづらいお宿としても有名で、

由布院の中でも人気が高いのも頷けます

接客も付かず離れず、さらっとしたのが好きなわたくし達には丁度良いあんばい...

 

ただね...お食事がね...

なんだかなぁ... 

 

次号へ続くФ

 

 

 

 

=コメントをくださる方へ=

 

いつも嬉しいコメントありがとうございます

去年までは、コメントのお返事をこちらでさせていただいておりましたが、

今年から、みなさまのブログの方へお返事させてください

ブログをお持ちでない方には、こちらでお返事させていただきます

どうぞよろしくお願いいたしまーす֥ϡ

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

福岡で食べる。。。 

みなさま、こんにちは

東京、すごい雪でしたよ、ぷうです

積雪8cmとかニュースでおっしゃってましたが、

その倍近くはあったのではないかと思うのですよ。。。

DSC08209

ぷう夫が居ないな〜、と思っていましたら、汗だくで作ってました(笑)

雪パンダだそうです

いつでもどこでも100%楽しめる男、ぷう夫さんです 

 

 

 

さて、年末の旅行。。。

フェリーは定刻通り8時半に新門司港に到着し、

前日のディナーファイトで波に乗り切れなかったわたくしたちは、

フェリーを降りてから朝食をいただくことにしました 

 

「パンケーキが食べたい」

いつものぷう夫のリクエストです

ナイフとフォークでいただくパンケーキが食べたいそうです

「女子かっ」とつっこむわたくしに、

「んんん、おぼっちゃまなの」とのたまう中年ぷう夫

「福岡出身でしょ?どこか知ってるでしょ??じーもてぃ〜!(ミキティ風)」

 

「なんば言いよると、もう東京におる時間の方が長いけん」

「そげなこと言われても、流行りの店とかわからんけん」

「ちょっと待っとき、スマホば使って調べてみるけん」

と、みっちり身体に染み付いた博多弁で返しつつ、

色々調べてみましたが、この日は大晦日。。。

お目当てのお店はすべて全滅です

が、ぷう夫さん、どうやってもパンケーキは譲れないらしく、

あー面倒くさい、こうなればもう、と宿泊もしていない某ホテルに強制連行しました(笑)

 

数少ない、地元での貴重な食事をホテルで済ますだなんて、と反省するわたくしとは裏腹に、

シルバーのカトラリーを駆使してパンケーキを満喫したぷう夫は、たいそうご満悦です

「じゃ、次行ってみよ〜」

と、指定してきましたのがなんとラーメン屋さん。。。

パンケーキは前菜でした 

 

目指すは、博多から車で20分くらいの福重と言うところにあります横綱ラーメンさん

わたくしはお腹いっぱいなので、車の中で待つことに。。。

DSC_0340

で、ぷう夫が一人でいただいたのがこちらのラーメン

豚骨なのに醤油風味で、意外とあっさりとか

「うまかったば〜い」と、下手くそな博多弁でお戻りのぷう夫

放っておいて、またもや博多まで戻ります

 

お次は、わたくしのリクエストで。。。

伊勢丹新宿店でいつも行列が絶えない 鈴懸 すずかけさん

こちらが福岡の和菓子屋さんだと知ったのは、お恥ずかしながら最近のことです

地元に帰ったら絶対に行こうと、心に誓っておりました

DSC07674

中洲川端という、昔ながらの商店街近くにあります

でもわたくしが居た頃とはすっかり様変わりしておりまして、時代の流れを感じます 

嬉しくもあり、寂しくもあり。。。

 

DSC07672 DSC07671

           DSC07673 

入って左側が甘味&食事処、右側が和菓子の店舗となっています

なんともまぁ、おされな作りです

 

が、店内いっぱいにひろがるカレー臭。。。なぜ?和菓子屋さんなのに??

メニューを拝見して、謎が解けました

香りの元は『焼きカレー』

今日はパフェをいただこう!と心に決めてまいりましたが、

強いカレー臭に、心がゆらゆら揺れ動きます 

 

DSC07670

初志貫徹ってことで、わたくしは『すずのパフェ』

アイスは抹茶、黒ごま、バニラ、キャラメルから3種類選べます

フルーツたっぷりで、一番下には水羊羹が。。。

繊細なお味なだけに、カレー臭がなんとももったいない結果に 

 

DSC07662

全参加のぷう夫は『プリンアラモード』

どうかしらと伺えば、持て余してる感が半端ありません

そりゃそうでしょうよ

パンケーキからラーメン、ここに到るまでほんの数時間の出来事ですもの。。。

ほんなこつ、プリンに謝りんしゃい 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

娘夫婦が福岡に到着して何時間も経過しているのに一向に帰ってこない、

「早く帰ってらっしゃい」

母から何度もメールが届きます

 

そろそろ参りましょうか、ぷう夫さんФ

 

 

 

=コメントをくださる方へ=

いつも嬉しいコメントありがとうございます

去年までは、コメントのお返事をこちらでさせていただいておりましたが、

今年から、みなさまのブログの方へお返事させてください

ブログをお持ちでない方には、こちらでお返事させていただきます

どうぞよろしくお願いいたしまーす֥ϡ

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

山口から福岡、四国、京都、名古屋、もうまとめちゃえってことで 

みなさま、こんにちは

めっきり秋らしくなってまいりましたね、ぷうです

昼間はもちろんまだ暑いのですが、夜になるとひんやり

タンクトップに短パンではちょと肌寒うございます

季節の変わり目、みなさまご注意を。。。

 

さて、夏休みの旅行記。。。

正直、飽きてまいりました(笑)

なので、もうまとめちゃいます(爆)

後半は、山口から福岡へ入り、 

DSC07613.jpg老舗の高玉(こうぎょく)さんで

お寿司を流しこんだり、

 

東京ミッドタウン内にもございます 茅乃舎(かやのや)さん本店へ行って
DSC07592.jpgすんごい山の中です
 
 
DSC07581.jpgバウムクーヘンセットや
 
DSC07579.jpgバウムクーヘンサンドを堪能したり、
 
カレー風味のポテトサラダをサンドしたものですが、これは初めてのお味でした
 
スパイシーなサラダと甘いバウムクーヘン、絶妙なマッチングです 
 
 
福岡から京都に行く途中、ぷう夫の「讃岐うどん食べに行くか」のひとことで
 
しまなみ海道を渡り四国へ。。。

DSC07687.jpgトッピンングは明石鯛の天ぷら

言い出しっぺのぷう夫は突然の心変わりで、何故かラーメン 

四国でしたことと言えばこれだけです

あ、今治タオルをいくつか購入いたしました 

 

京都の夜は、ぷうの希望で 権太呂(ごんたろ)さんへ 

DSC07701.jpg疲れた身体に、うどんすきしみます。。。
 
DSC07704.jpg
 
活海老を熱々の鍋に投入し、ビチビチはねるのを涼しい顔で押さえこむお姉さんӤä
 
茹で上げの海老は最高どすえ֥ϡ 
 
 
 
次の日は、ぷう夫がどうしても行きたいという スマート珈琲店 へ行き
 
DSC07725.jpgホットケーキと
 
DSC07724.jpgフレンチトーストを堪能
 
 
フレンチトーストの外はカリッと、中はとろーんの食感、たまりません
 
レシピ教えて欲しいです。。。パンがなんか違うんだよなぁ。。。 
 
 
 
それから、清水さんに寄ってお参りした後、 叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)さんで
 
DSC07746.jpg DSC07750.jpg
 
かき氷と抹茶パフェをいただき、 
 
京都の街も堪能したからそろそろ帰ろうかな~、という頃 
 
DSC07736.jpg
 
「名古屋で、ひつまぶし食って帰るか」とまたしても、ぷう夫が暴走
 
え~え~、教会で誓い合ったあの日からあなたに背いたことなどございませんですよ
 
地の果てまでもお付き合いいたしましょう、というわけで 
 
いざ!名古屋へ向かわん! !
 
 
ひつまぶしと言えば、大好きなあつた蓬莱軒(ほうらいけん)さん
 
熱田さんの方は混んでるだろうからと、松坂屋店へ行きましたら、
 
5時過ぎだと言うのに55分待ちという状態で。。。もちろん、待ちますようå 
 
DSC07756.jpgひつまぶし
 
DSC07757.jpgうな丼
 
って、あなた、ひつまぶし食べに行こうって言ってたじゃない 

ぷう夫、またしても心変わりでございます
 
店内を見渡しても10人中10人がひつまぶしを頼む流れのところ、
 
ひとり「うな丼」をオーダーするぷう夫
 
「俺って、あまのじゃく系?」
 
何系だ、それ。。。 
 
 
 
「西日本の牛を食い尽くす!」と豪語していたぷう夫ですが
 
結局のところ、前半に飛ばし過ぎたせいか、後半はお魚中心に。。。笑
 
しかしながら、近江牛、神戸牛、蒜山ジャージー牛、島根牛、佐賀牛と 
 
よくまあ、食べた食べた
 
つき合わされたわたくしの体重も増えるってなもんでございますよう
 
あれ?でも、ぷう夫はどうして減っちゃったんでしょう。。。 
 
 
 
糖尿病になると、食べても食べても痩せるという。。。  
 
次回、ついに糖尿の神、降臨!の巻(ないないФ
 
 
 
長い間のお付き合い、ありがとうございましたͤ 
 
 
 
 
献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。