ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

冬旅行【8】南知多温泉・海のしょうげつ〜お部屋〜 

みなさま、こんにちは

明日は大雪らしいですよ、ぷうです

今年の冬は「雪が降るから注意してね」なんて聞いたものの一向に降らず、”降る降る詐欺”なんて不名誉な言葉もちらほら(笑)

南岸低気圧は予想がすごーく難しいそうで、今回もどうなりますことやら・・・

ま、備えあれば憂い無し、ってことで、今日は早めに買い物に行こーっと

東京は雪にめっぽう弱いんですもの

 

さてさて、冬旅行の続きでございます

名古屋でぷう両親と別れたあと、わたくし達はブーンとひとっ走り南知多へとまいりました

何年振りか思い出せないくらい久々にお世話になります海のしょうげつさん

お気に入りのお宿のひとつですが、なんつったって知多半島・・・東京から遠いですw

写真: DSC04185 

はぁ〜るばる来たぜ、み〜なみちたぁぁぁ〜♪ byサブちゃん (?)

鈴鹿山脈の麓から伊勢湾岸へ、キラキラの海面がまぶしー餭 

 

 

DSC04188

ロビーにてご近所のいちご大福を煎茶とともにいただきながら、手続きをば・・・

久しぶりの再訪というに、わたくしの苦手な食材データも抹消されておらず有り難いことでございます 

 

 

DSC04309 DSC04306

ロビーのお茶コーナーには常時ハーブティーからジュース、ドリップコーヒーに加えてネスプレッソのまっすぃ〜んまでå

お部屋にもネスプレッソは設置されてまして、ネスプレッソ好きには嬉しい限り・・・わんこ状態ですわ(笑)

CDやDVD、本なども少々・・・ジャジーでムーディー、大人なラインナップです

 

 

写真: DSC04192

DSC04193 DSC04194

お部屋はTWNベッドにリビング・デイベッド付きの最もコンパクトなタイプ

とは言え、64平米ありますので十分過ぎるくらい十分な広さです

ベッドは確かシーリーさんだったかと・・・ 

 

 

DSC04206 DSC04222 DSC04207 DSC04225

DVDデッキやら、CDプレーヤーやら、空気清浄機やら、ナノイースチーマーやら、さすがの充実っぷり、そしてあちらこちらで目にする生花が心和ませてくれます

アメニティは男性用と女性用に分けられ、女性用にはシートマスクパックも・・・

「わーい֥ϡ」と取り出したものの、ふと目に入ったmade in K国の文字

すかさず「あほかーっ५」と床にたたきつけるわたくし、静かに拾い上げる沈黙の中年ぷう夫 

アクアイグニスさんはJAPANブランドにこだわっていらっしゃいましたよう、よう、よう、どうなのよう 

 

 

 

気をとりなおしまして・・・洗面所、洗い場を通り抜けたその先に・・・

DSC04204 DSC04201

南知多温泉を引いた露天風呂がございます

ナトリウム塩化物鉱泉・・・無味無臭の泉質のはずが消毒剤という名のエッセンスがプラスされて、ああ... 塩素臭が半端なく...

スポーツクラブのジャグジーにでも入ってるかのような感覚になっちゃうのは言わずもがな(笑)

わずか10室しかないお宿なのに循環式って・・・と思うのは素人考えでしょうか

 

でもね、塩素臭ぷんぷんでもこれがあるからやめられない

写真: DSC04231

うぅ〜みよ〜♪ お・れ・の・うぅ〜みよ〜♪  by若大将

 

きらめく海面を眺めながら、温かい夕日を眺めながら、ぽっかり浮かんだ月を眺めながら、刻一刻と変わりゆく空と海の景色がなによりの温泉タイム餭

ぼ〜っと何も考えず、ただただ空と海を眺める・・・これを幸せと言わずして何と言いましょう 

いつも騒がしいわたくし達夫婦ですが、このときばかりは入湯中のカピバラのようにじーっと静かに、静かに・・・

「ぷう夫さんのおかげで今日も幸せだわ」などと思わず口をついて出てしまう、恐るべし海のしょうげつマジック

 

さ、買い物に行ってこよーっとФ 

 

 

  

献立に困ったら 楽天レシピ


スポンサーサイト

[edit]

冬旅行【7】名古屋めしの続き〜鯱市さんのカレー煮込うどん〜 

みなさま、こんにちは

名古屋に戻ります、ぷうです

アクアイグニスさんをチェックアウトした後、わたくし達は別の温泉へ、ぷう両親は福岡へ帰ることになっており・・・

名古屋まで送る途中、ランチをしようと鯱市さんへと寄ってみました

前回、なにより行列を憎む中年ぷう夫が素通りしやがったあのお店です(笑)

 

写真: DSC04180

平日ということもあり、こないだのような大行列は見られず・・・

けれどちょうど満席だったため、10分ほどお待ちいたしました

 

 

写真: DSC04164

ご案内いただきました2階の席は古民家風でとっても落ちつく空間餭

運ばれてきたのは水とメニュー、そしてポテチでもつまみながら選んでね、ってことでしょか

が、そこは我慢、我慢・・・わらわらと伸びてきた手を払いのけ、

「こんなもん(←失礼が過ぎるw)でお腹を膨らませるんじゃないっ」と一喝、即お引き取り願いますФ

 

 

 写真: DSC04169 

わたくしは『天ぷらカレー煮込うどん』を、ぷう夫はチキンに海老天をプラス、ぷう両親は『牡蠣入り』をば・・・

「平日なのでご飯無料でサービスさせていただいてますが?」

「いただきますともさ!」 

スタッフの方のお声かけに迷うこと無く全員そろってお答えします、食への欲求は無限大・・・ぷうとその仲間たちw

 

 

DSC04173 DSC04171

満を持してのご登場֥ϡ 

名古屋の味噌煮込うどんといえば、我が家は山本屋本店さん(総本家派ではありません)

系列の鯱市さんは昨年4月にオープンされました

 

 

写真: DSC04175 

ひゃっはー

土鍋の蓋を取り皿として使用するのがトラディショナルないただき方・・・

が、ぷう夫とぷう母はグラグラ煮立った土鍋で直食いときましたよw

とんだ冒険野郎だぜ☆フウ

 

 

 写真: DSC04179

そうして〆はご飯をINして・・・と

ちょい煮詰まったスープと、とろ〜り柔らかくなったネギがご飯にからまる、からまる֥ϡ

炭水化物のフルコースですが、罪悪感すら忘れさせてくれる禁断の美味しさでございました

また、程よい大きさの土鍋は長谷園さんの特注品だとか

山本屋本店さんの通販サイトでは『100年保証付きの味噌煮込うどんセット』なるものも販売されてるようですね

100年って・・・現実味に欠けるわ・・・なんて言ったら身も蓋もないお話になっちゃいますかしら

あ、蓋はありますね、土鍋だけにw

おあとがよろしいようで(?) 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

満腹になったところで無事ぷう両親を送り届け、わたくし達は次の温泉へとまいります

「それじゃあね」と、車に乗り込む時が哀しい

わたくし達が遠く離れても見えてんだか見えてないんだか、人目もはばからずブンブン手をふり続ける母の姿は今も昔も変わらずで・・・ 

そんな母を見るたびに親不孝をしているな、と胸がいっぱいになります 

ああ、でも、今回はほんの少しだけちっちゃく感じました 

「毎日、元気で楽しく暮らしてればそれでいいから」が口癖の母ですが、想いはわたくしも同じです

 

楽しい時間をありがとう 

今日も穏やかな1日となりますように

私はすこぶる元気です

とは言っても、母はわたくしのブログは見ていませんけどもФ

 

また遊ぼうね 

 

 

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

冬旅行【2】名古屋モーニングのお約束♪ 

みなさま、こんにちは

名古屋のマスト食のひとつといえばモーニングですね、ぷうです

本格的なモーニングを久しく食していないわたくしたち一行は、どちらへお邪魔しようかと散々迷った末、

『別れても好きな人』的なネーミングが冴え渡る支留比亜(シルビアと読む)さんへお邪魔することにしました

『別れても〜』の方は、下唇を噛んでのシルヴィアさん 

ただ支留比亜さんのローマ字表記はsilviaなので、正確にはシルヴィアさんだと思うのですが・・・

え?どうでもいい??

ですよね(笑)

 

そうそう、どうしてこちらのお店に決まったのかと申しますと、

パンケーキ中年ぷう夫が「今日の朝は絶対パンケーキ!」と、ごねまくりまして、

ネットであれこれ検索したところ、フルーツがのってるとか、厚みが足りないとか、クリームいらないとか、うるさいことこの上なく・・・ 

そうして調べまくってようやく見つけたのが支留比亜さんのパンケーキです

ぷ夫「もうちょっと厚みがあるのが俺好みだけどね」 

ぷう「・・・

 

 

我がままパンケーキ中年ぷう夫は放っておくとして、チェックアウトを済ませたわたくし達は支留比亜さんへと車を走らせました

行ってみれば朝も早いというのに駐車場はいっぱい、店内も満席近くでしばらく待つことに・・・

「名古屋の人は朝ごはんを家で食べないのかな?」と素朴な疑問をぶつけるぷう夫さん

わたくしも存じませんが、それくらいご近所風の方々で盛り上がっています

そして席についてメニューを開けば、美味しそうなサンドイッチが目白押し餭 

そんなワクワクのぷう親子の傍らで、どうも浮かない顔のぷう夫さん 

どうしたかと聞けば「今の時間、パンケーキ、ない」(←カタコト?)

(ハハハ...ばーかばーか)と幼児並みの返しを心の中で叫びつつ、他のメニューを優しくすすめる鉄仮面のわたくしw

 

それぞれ決まったところで、スタッフの方にオーダーをお願いします

最後に「コーヒーにはトーストとゆで卵がついてますけど、どうされますか?」

はて・・・?? 

写真: DSC04062

そう、これが名古屋のモーニング 

コーヒーをオーダーすれば色んなものがついてくる、基本中の基本を忘れてました

まわりを見渡せば、ほぼ全員こちらのセットをお召し上がりです

でもサンドイッチも食べたい・・・

「じゃ、トーストは2枚、ゆで卵は4つで!」と中途半端にお願いし、待つこと数分やってきましたよ、美味しそうな品々が 

 

 

ぷう『ハムエッグサンド』 

DSC04067

ふわっふわのたまごと、同じくふわっふわのトースト֥ϡ 

うすーく塗られたマヨ加減が絶妙です 

 

 

ぷう夫『たまごサンド』 

DSC04068

温かい卵焼き&スライスきゅうりのサンドイッチ

シンプルな美味しさで朝食にぴったり 

 

 

ぷう母『カルボトースト』 

DSC04065 

”日本でここでしか食べられないカルボナーラ風”だそうです

こってりしてるのかな、と思いきや、ミルキーな味わいはクセになります

 

 

ぷう父『カツサンド』 

DSC04071

「朝からカツかっ!」と、全員から突っ込まれていましたが、なんのなんの、

ぷう母もぷう夫も取り替えっこして「美味しい、美味しい」と、いただいてましたよw

 

 

DSC04070

そして、余るゆで卵・・・

そして、ぷう母の伸ばした手を皮切りに、ワラワラと手が伸び無言で殻を剥き始め・・・

卵が先かニワトリが先か、ゆで卵が先かサンドイッチが先か・・・答えが出ないまま口へと詰め込む

さじ加減を知らない、ぷうとその仲間達(笑)

ごちそうさまでしたͤ

 

 

ご近所にこんな美味しい朝ごはんを食べられるお店があれば、そりゃ通っちゃいますよね

名古屋には、モーニングを出されてるお店が街中にありますもの 

いいな・・・名古屋人はڤ

 

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

冬旅行【1】 名古屋めしからスタート♪ 

みなさま、こんにちは

先週の連休を利用して今年初の旅に行ってまいりました、ぷうです

今回は途中まで、わたくしの両親も参加でございます

ぷう夫父も含め、昔からこのメンバーで国内外問わず旅行してきました

「珍しいね」とよく言われます 

親が一緒となると訪れる場所も少々変わってきますが、『一緒に行けるうちに行きたい』というのがわたくし達夫婦共通の想いで・・・

揃いも揃って大雑把で自由な性格なので、ずっと一緒に居ても気にならないのかもしれません

ま、ちっちゃな事件はごまんとありますが(笑)

そして今回は、残念ながらぷう夫父は遠く異国へと旅立ってしまったので4人となります

 

わたくし達は新東名をピューッと走り、飛行機でやってきたぷう両親と名古屋で合流

名古屋ではホテルに2泊、食べた食べたよ名古屋めし、ざーっとご紹介させていただきましょうw

到着した晩は一鳳さんという名古屋コーチンのお店で焼き物をいただき(写真撮るの忘れました)、

一つしか残っていなかった『名古屋コーチンたまごのとろ〜りプリン』を代表していただきw、

次の日はリヨンのモーニングでスタート

DSC04035 DSC04037

小倉とピーナッツバターのプレスサンドをぷう夫と半分こ☆

美味しいよ、美味しいけど、まぁ普通かな(笑)

(これだったら家で作れるわよね...)と考えちゃうところが主婦の悲しい性ってやつでしょうかw

ぷう父は大喜びでモリモリやってましたがww

 

その後は美濃忠さんで栗羊羹を大人買いし、

DSC04047 DSC04385

こちらの羊羹はもう、『THE 羊羹』(笑) 

昔ながらのみっちりむっちりタイプでございます(←どんな?)

どこを切っても栗がゴロゴロ〜♪

 

そのまま花桔梗さんという所へ、和菓子のはしごとなります

およそ和菓子屋さんとは想像もつかない、おされな店構えに気圧されながらも・・・ 

DSC04050 DSC04242

狙うは、冬だけいただける『苺もち』餭 (他の生菓子も美味し!)

羽二重餅と白あんとの比率が絶妙です 

こちらの花桔梗さん、たま〜に伊勢丹さんやら高島屋さんの催事でいらっしゃいますので、ぜひぜひ♪

 

その後ぷう夫と連れ立って、カレー煮込みうどんの鯱市(しゃちいち)さんへまいりましたが、

すっごい行列をひと目見たぷう夫さん、

「ありえね〜し」と、そのまま通過しやがりました(←並ぶのがなにより嫌い)

で、行ってみたいお店をいくつかピックアップしておりましたので、ぷう夫の希望を聞き、

うかがいましたのは、ちょっと外れにあります如水さんというラーメン屋さん(←カレーうどん気分からのw)

とか言いつつ、こちらもかなりの行列で30分くらい待ちました 

写真: DSC04044 

DSC04040 DSC04043

わたくしは『塩』、ぷう夫は『醤油』ラーメンをば・・・

国産の素材にこだわって作っていらっしゃるというそのスープは、

シンプルながらも魚介の風味が効いていて、あっさりしているのに奥深〜い味わい(醤油は鶏が強い?)

胡椒やら他の調味料など、普通は目にするものが一切セットされていないのもご主人の自信の表れでしょうか...

スープをすべて飲み干そうとするぷう夫から、丼をもぎ取るのにひと苦労でした(笑) 

 

その晩は、叔父夫婦も混じっての楽しいお食事会で、あっという間の名古屋めし

まだまだ食べてみたいものが、たくさんあるのにのに・・・

 

あ、糖質制限はしばらく封印ということで、お含みおきくださいませФ 

 

 

 

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。