ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

Clinton Street Baking Company Tokyoに行ってきました☆ 

みなさま、こんにちは

眉毛がボーボーでびっくりしました、ぷうです

あの日の首相、村山とんちゃんのように伸び放題の荒れ放題

ついでに鼻毛も飛び出てババンバン

ぷう夫のおばちゃん化がすすんでるとか言ってる場合じゃございませんでした

 

毎日ノーメイクでろくに鏡も見やしないから、何もかもがおろそかになるんだわ

自戒のためにも、ここはお洒落スポットに飛び込もう

と、眉毛のお手入れもそこそこに(笑)、行ってまいりましたよトントントントンクリントン 

 DSC03263

今年の夏、骨董通りにオープンしたクリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー

ニューヨークマガジン誌で『ニューヨークNo.1のパンケーキ』と評された話題のパンケーキ屋さんです

ずっと行ってみたいと思いつつ、特に用が無ければ行くことも無い骨董通り、

しかもすごい行列と聞いてましたので、なんとなく機会を逃しておりました

 

で、先週ぷう夫の用事ついでに通りかかったので、いっちょ行ってみるかとまいりました

が、10:30と早朝(わたくしの中で)にもかかわらず、けっこうな行列が完成してまして・・・

寒空の下で待つこと20分、思ったより早くのご案内でよかった֥ϡ

 

DSC03275 

客層は9割9分女性、お洒落な熟女率高し

何を召し上がっていらっしゃるのかしら?と、テーブルを覗けば、

エッグベネディクトとパンケーキ(ブルーベリー、バナナ&くるみ、チョコのどれか)をシェアされてる方が多いです

 

実はこの日、ぷう夫をちょっと待つ間、代官山のスタバでバターリッチマフィンを食べてしまったわたくしw

そうそうそう!代官山のスタバと言えばDAIKANYAMA T-SITE

2011年にできたこちらの施設、蔦屋書店と銘打っているものの、

ただの本屋&レンタルDVD屋とはひと味違う空間で、大のお気に入りとなっております

撮影禁止なので中をお見せできないのが残念ですが、本の品揃えが半端なく、

料理本ひとつにしても、簡単なレシピ本からプロの専門書まで、すんごい充実っぷり餭

その横には、器やら調味料やらリネン類やらの心くすぐる雑貨もずらりと並べられ・・・

本は購入せずとも、近くのソファで見るも良し、スタバでコーヒーを頂きながら眺めるも良し、1日中いても飽きません 

代官山に住みたい・・・ちょっと言ってみた(笑)

 

 

話がそれちゃいましたが、そのスタバでマフィンなんかいただいちゃったもんですから、

クリントンに行った時はパンケーキモードからは程遠く・・・

 DSC03272

甘い気分じゃなかったので、オーソドックスな朝食を(笑)

名物のバターミルクビスケット半分にトマトソース、もう半分にはオムレツ、チーズ、ベーコン、

奥にはハッシュブラウンポテト

「まずはビスケット」とフォークを刺そうとするも・・・か、硬いっ

ぐいぐい力を入れてるうちにガツッ! 

勢い余ってフォークはプレートに直撃、ビスケットは粉々に飛び散り、

テーブルの上は小鳥さんでも居たら大喜びな状況に(笑)

なんとかバラけたプレートのビスケットをかき集め口に運ぶも、

あまりの乾燥っぷりにすかさず水を激飲みするわたくしw

おからレシピで鍛えられてるはずの嚥下スペックでも追いつけない、それほどのドライ感 

呑み込むのにも勇気がいります 

出されたものはすべていただく主義ですが、これは困ったわ、と・・・ 

ポテトもオムレツも特に感動も無く、ごくごく普通のお味だし・・・

 

 

パンケーキ中年ぷう夫の気分も違ったようです 

写真: DSC03283 

チーズバーガー・・・お腹すいてたのね(笑) 

 

 

DSC03276

元のジャガイモの大きさを知りたくなる特大&大量のフレンチフライ

さすが、ニューヨーク仕込みの朝食は違いますね

 

黙々と食べてるぷう夫に「どう?」と聞けば、

「うん、ピクルスが一番おい」「シーッ

黙ってお召し上がりになって५ 

 

結局、二人とも半分以上残し、お店の方に謝って帰るという「なんだかなぁ」の時間を過ごしてしまいました

やっぱりパンケーキ屋さんでパンケーキ食べないでいろいろ言うのはフェアじゃないですね(笑)

「今度はパンケーキを食べに行こうよ」 

ハイ、ぷう夫さん即答でノーでした

 

どなたかご一緒してくださいませんかФ

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


スポンサーサイト

[edit]

雪ノ下銀座へ行ってきました☆ 

みなさま、こんにちは

リベンジパンケーキを誘ったら断られました、ぷうです

前回のクリントンさんへ、パンケーキ食べに行きたかったのですが、

ぷう夫に頑なに拒否られたので11月にオープンしたばかりの雪ノ下さんにまいりました

「日本橋に行ったほうが正解だと思いますけど?」(ぷう夫にとっての日本橋とは千疋屋さんのこと)

誘った時は難色を示したぷう夫さん

ネットで公開されてる雪ノ下さんのパンケーキメニューを見せたら俄然やる気に(笑)

 

 

雪ノ下さんは大阪では超有名な『かき氷&パンケーキ』のお店で、銀座店は東京でのFC化1号店となるそうです

銀座1丁目なので、銀座の賑わいからは少し離れた落ちついた場所にあります

近くには落合シェフのお店LA BETTOLAさんがございますね

DSC03369

目にも鮮やかなトマトビルの3階にある雪ノ下さん、

カウンター1列、窓側に1列、こじんまりとした作りです(席数は15席なかったかと・・・)

 

カウンター席にご案内され、散々迷ってやっとオーダーしました

雪ノ下さんのパンケーキと言えば厚み4cmの分厚いや〜つ餭 

そこから20分、じっと我慢の子ですw

せっかくのカウンター席ですし、撮影の許可もいただいたし、ここはしっかり収めねば!と、勢いづいたものの、

レンズがマクロやないか〜い!

わたくしとしたことが持ってくるの忘れました・・・見辛くてすみませんܤ 

 

DSC03351

DSC03349

ブルーを基調とした店内は北欧風のモダンな雰囲気です

広いとは決して言えない空間ですが、スタッフのみなさんの笑顔と共に、なんだか落ちつく居心地の良さ・・・

おひとり様が多いのもわかる気がします

客層は、ぷう夫以外は全員女性(笑)、20〜30代、熟女もちらほら・・・

 

 

メニューがかき氷とパンケーキだけなのでキッチンは無く、すべてカウンター内で作業されていました

DSC03347

肝心のパンケーキですが、ホットプレート2台使いå

 

DSC03340

丸型を置いて、クッキングシートを周りに敷いて生地を流し込み、蓋をして途中でひっくり返しながら焼く、

ホットプレートで(笑)

大阪仕込みのご自慢の鉄板とかで焼いていただけるのかと思いきや、

まさかのホットプレートですよ

家で作れんような美味いパンケーキが食べたくてわざわざ来とんじゃ、

ホットプレートって、なめとんのか〜ぼけ〜 (←へたくそ)

 

そんな気持ちをおくびにも出さず、堀口珈琲さんのスペシャリテ『グアテマラコーヒー』をすするわたくし(笑)

DSC03345

うっ、美味しい・・・

 

そして、ホットプレートを目にしてテンションだだ下がりのわたくしの前に、満を持してパンケーキ登場w 

 写真: DSC03360

『よつ葉クリームチーズとサワークリーム 練乳自家製アイスと』

 

DSC03353 DSC03363

ぷう夫『発酵バター 蜜甘蜂蜜を添えて』 

 

ナイフでカットし、まずはそのままパクリ・・・ 

ご、ごめんなさ〜い!めちゃくちゃ美味しいですぅ〜ååå

ホットプレートがどーとかこーとか、ぐだぐだ小賢しいこと言って本当に申し訳ございませんでしたぁぁぁ

 

チーズが入って生地はしっとりジューシースフレといった感じで、

口へ入れればシュワシュワ〜ッと溶けてなくなります

かたやぷう夫のパンケーキはと言えば、生地はもっちり力強い感触で、

わたくしの中では『これぞホットケーキ♪』(パンケーキだっつーのw)

何もつけずにそのまま食べ続けたい、どちらもそれくらい旨味が詰まった絶品生地です 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
『食材にとことんこだわった唯一無二のカフェ』とおっしゃるように、
 
お水(鹿児島シラス台地 高牧の森の水)やら牛乳&卵、使用するものすべて、安心していただける素材をご使用だとか
 
パンケーキももちろんですが、コーヒーの柔らかい美味しさには驚くばかりでした
 

 
「今度はぜひかき氷を食べにきて下さいね〜」と送り出してくれたスタッフのみなさん、
 
全メニュー制覇を目標に通わせていただきますw
 
 
平日のランチ時だったので並ばずに入れましたが、お休みの日はけっこうな行列のようです
 
また、3階までは階段なのでご注意を・・・
 
 
パンケーキloverの聖地が増えましたよФ֥ϡ
 
 
 

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

「ツヴィリングソルを使ったおどろきのエコ&ヘルシー調理」イベントレポート【2】 

みなさま、こんにちは

めっきり冷えてきましたね、ぷうです

遠く見える富士山に、ぽわんと傘雲がかかっていました

雨が降るのでしょうか・・・

 

さてさて、前回の続きです

ZWILLING SOLシリーズを使った、はるひさんのお料理デモンストレーション餭 

その後はご一緒させていただいたブロガーさん達と、嬉しい御食事タイムです 

写真: DSC02968

こちらはディスプレー用で、信楽焼の堂本正樹さんの器と、

STAUBのミニオーバルココットを合わせた素敵なスタイリングでした

 

 

わたくし達はRichard Ginoriのベッキオホワイトに盛り付けていただいたものを・・・

ああ...なんて優雅なひとときなんでしょうݤ 

 

【ロールチキン・和野菜と雑穀煮込み】(ストックポット24cm

DSC02951

鶏もも肉でみじん切り生姜をロールし、ごぼう、にんじん、長ねぎと一緒に、

トマトソースで煮込んだ1品です

押し麦ときびが入って、トロトロ感が֥ϡ

味付けは塩麹と砂糖だけ、あとは軽く塩・胡椒でした

 

【まぐろのバジルくるみ焼き】(フライパン26cm

DSC02956 

まぐろのお刺身片面にバジル&粒マスタード、もう片面にくるみ&パルメザンチーズをつけて、

こんがり焼いたものです

トマトを下に敷いて、ベビーリーフが添えられていました

 

 

【蓮根のヘルシーレモンマリネ】 (ソテーパン24cm) 写真: DSC02950

蓮根、セロリ、いんげん、しめじ、ミックスビーンズをソテーして、

オリーブオイル&レモン汁でマリネしたものです

さっぱりしてて、パクパクいっちゃいました

 

 

【南瓜と紅玉の鍋焼きチーズケーキ】( ソースパン18cm

DSC02959DSC02963

Solシリーズは鍋ごとオーブンで焼けちゃうのでチーズケーキもあっという間でした

スポンッ!と簡単に取り出せてしまうところも便利ですね(←気持ちいい〜笑) 

南瓜と甘酸っぱい紅玉の組み合わせ、うまうまです

  

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
で、Solシリーズの中から好きなものをいただけるということで、
 
わたくしは24cmのソテーパンを選ばせていただきました
 
いろいろお試し中なのですが、どんなお料理にも大活躍です
 
ステンレス鍋だとしっかり温めて、ふきんで底をジュッとやって、とかけっこう面倒で、
 
かと言ってフッ素樹脂加工のものはなんだか心配だし・・・ 
 
そんなわたくしに、Solシリーズはぴったりでした 
 
ステンレスの安定感とフッ素コーティングの手軽さ、双方の良さを併せ持った使い心地です
 写真: DSC03233
 
今日は、はるひさんの【蓮根のヘルシーレモンマリネ】をアレンジさせていただきました
 
赤パプリカを足して、クリスマスカラーに٥ 
 
ドレッシングには粒マスタードもプラスさせていただいております
 
ほんの少しのオリーブオイルと途中で入れる少しの水(はるひさんは”water oil”とおっしゃっていました) 
 
これだけで、しっかりソテーできます
 
 
DSC03238
 
はるひさんのレシピは、シンプルなのにとっても奥深い味わいで、
 
飽きずに、ずーーーーっとだらだら食べられちゃう危険な美味しさです(笑) 

 
 
 
ぷう夫が一生懸命働いている(たぶん)平日の昼下がりに、
 
優雅な空間での甘美なひととき、心より御礼申し上げます
 
帰り道は、ちょっぴり背筋を伸ばして・・・Фホホホ...
 
 
 
 
 
 
 
 
ͤはるひさん、レシピブログさん、ツヴィリングさん、ミーレさん、ありがとうございましたͤ 
 
 



エコ&ヘルシー料理レシピ
エコ&ヘルシー料理レシピ

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

「ツヴィリングソルを使ったおどろきのエコ&ヘルシー調理」イベントレポート【1】 

みなさま、こんにちは

銀杏並木の美しい外苑周辺がぶー混みでキレそうになりました、ぷうです

見頃ですね

紅葉見物の人々で溢れかえってるので、運転してる人も「なんだろ?」とよそ見をし、

「お、綺麗じゃん」と一緒になって愛でる・・・更に渋滞・・・

ちゃんと前見て運転してくださいよう

危なくて仕様がないです 

今の時期だけだからと思えないわたくし、心根がねじ曲がっているのでしょうか 

 

ああ...のっけから愚痴って申し訳ありません

昔から気は長いほうだと自負しているつもりですが、

最近やたらと意味なく怒ってしまうときがあり・・・

怒りの矛先は帰宅したぷう夫さんへ・・・

名付けて『サンドバッグぷう夫』 

頑張れぷう夫、今日も待ってるぜ(笑)

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
 
と、全く関係のないお話で恐縮です
 
本日は、楽しい楽しいイベントに参加させていただきました、そちらのご報告を餭 
 
DSC02944
 
毎度お世話になりますレシピブログさんとツヴィリングさんのイベントで、
 
ドイツのメーカーミーレ・ジャパンさんのショールームへと行ってまいりました
 
場所は表参道の根津美術館前・・・
 
滅多に歩くことのないお洒落ストリートにございます
 
わたくしも大好きな建築家隈研吾さんがデザインされたというその建物が、
 
まぁ、かっちょいいったらありゃしません֥ϡ 
 
おされが過ぎるその空間に圧倒され、わけわかんないとこから汗が噴き出て・・・笑
 
 
 
 DSC02900 DSC02931
DSC02905 DSC02908
 
今回はツヴィリングさんの新商品であるZWILLING SOL というシリーズのご紹介と、
 
はるひごはんでお馴染み、はるひさんのお料理デモンストレーションを見学させていただきます
 
 
フッ素樹脂とは違うセラミックコーティングが施されたSolシリーズは、
 
ほんの少しの油で調理ができるエコクッキングが可能なんだとか・・・
 
また、フッ素樹脂は260℃で劣化し、360℃で分解されるのであんまり身体によろしくないそうで、
 
反面、セラミックは耐熱温度が450℃なので安全性が高いそうです 
 
家庭でそれだけの高温で調理することはありえませんが、
 
直接、口にするものなので用心に越したことはありませんよね
 
フッ素樹脂の危険性についてはちょこちょこ耳にしますもの ・・・
 
 
 
 写真: DSC02911
 
ふむふむと、考えさせられるお話の後は・・・
 
ぷりちーはるひさんのお料理デモンストレーションです
 
 
 
  DSC02917 DSC02923
 DSC02942 DSC02934
 
Solシリーズを使って、4品作ってくださいました
 
わたくし達もパンケーキを焼かせていただいたり、Solシリーズを体験させていただきます
 
油は、最初にキッチンペーパーでササッと表面を拭く程度で十分å
 
それでも素材はくっつかず、焦げ付かないのでお手入れも簡単そうです
 
ステンレスの安定感と、フッ素コーティングの使いやすさを上手く合わせた使い心地でしょうか
 
 
 
DSC03224
 
美味しいはるひさんのお料理と、プレゼントで選ばせていただいたSolソテーパンについては、
 
また次回ご報告させていただきますね
 
 
下に敷いた黒のしましまちゃんは、お土産にいただきましたエプロンです
 
なにもかもがおされ過ぎてФホホホ...
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ͤレシピブログさん、ツヴィリングさん、ミーレさん、ありがとうございましたͤ 
 
 



エコ&ヘルシー料理レシピ
エコ&ヘルシー料理レシピ

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

おいしいコーヒーの淹れ方教室♪レポート【1】 

みなさま、こんにちは

家事一切なんにもしない夫と暮らしてます、ぷうです

わたくしのことを便利屋かお手伝いさんと思ってるんじゃなかろうか、と思うこと多々あります

ご飯の準備&片付け、掃除洗濯、まずいたしません

洋服も脱ぎっぱなし、床になにか落としてもそのまま拾いません 

わたくしが片付けちゃうから甘えてるんだわ、と丸まった靴下をそのままにしていたら、

何日でも俺は平気、そうこうしてるうちに埃が積もってきたのでわたくしのほうが根負けしました

感じなくてもいいはずの敗北感・・・なんでやねん

 

そんな亭主関白ぷう夫さんですが、唯一と言ってもいい特技がございます

なにを隠そう、コーヒーをいれるのがお上手֥ϡ

のろけてるわけでもなんでもないんです

彼のいれてくれるコーヒーが世界で一番美味しいとホントに思ってます

ペーパードリップでいれるごくごく普通の方法で、

使うコーヒーの量も一緒なのに、わたくしがいれるものとは明らかに違うのです

  

 

写真: DSC02409 

ぷう夫のコーヒーが世界一なのかを確かめに(?)、レシピブログさん&UCCさん主催のイベント、

『おいしいコーヒーの淹れ方教室♪』に参加させていただきました

 

 

DSC02407 

ご紹介いただくキューリグネオトレビエ と共に、

vivianさんのめちゃキュートなアイシングクッキーも展示されておりまして、

思わず魅入ってしまうわたくし・・・描きながら、手、ぷるぷる震えないのかしら・・・

 

 

DSC02367 

さて、まずはコーヒーアドバイザーでいらっしゃるぷう夫のライバル(?)上田さんから、

コーヒとはなんぞやレクチャーを受け、

ペーパードリップ式での美味しいいれ方のコツをご教授いただきます

 

せっかくなので簡単にご紹介しますね餭

DSC02374

まずは準備・・・ドリッパーからサーバー&カップ、あらかじめ温めておくこと。

ペーパーフィルターは底と側面の部分を互い違いに折り、ドリッパーにぴったりセットすること。 

 

DSC02375

コーヒーの量は1杯分で10〜12g。

きちんとスケーラーで測っていらっしゃいました。 

 

DSC02376

お湯の温度は95度前後、沸騰して火を消した後のぽこぽこが鎮まった頃。

まずは『蒸らし』・・・少量のお湯を粉全体に均一に含ませ、20秒ほど蒸らす。

サーバーにポタポタ落ちてくるくらい。 

 

 

DSC02377

『抽出』・・・80cc、40cc、20ccの3段階で抽出します。

「の」の字を書くように、中心で小さく注ぐ。 

また、コーヒーの表面に対してお湯が直角に落ちるように、真っ直ぐ注ぐ

 

DSC02378

やりがちなのがペーパーフィルターの壁面についたコーヒーの粉に、

壁を壊すように、ぐるっとお湯をかけちゃうやり方・・・

コーヒー全体からまんべんなく美味しさを引き出すためにも、あれはNGだそうです

  

     ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 
 
いや、いや、やっつけぷう夫はこんな丁寧ないれ方じゃない・・・
 
そっか、俺の愛情1滴が効いてるんだわ、って言ってる自分が気持ち悪く
 
すみません
 
突然の雨に気が動転してしまったようです

なんにもしない人だから、単にハードルが低くなっちゃっただけなのかもしれませんねФ

 
 
vivianさんのおいしいベーグルとネオトレビエ情報はまた次回・・・
 
 
 
 
 
 
秋のコーヒー教室
秋のコーヒー教室

  

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。