ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

醤油麹と波平さんの毛 

みなさま、こんにちは

醤油麹を初めて作りました、ぷうです

塩麹デビューは市販の物でしたが、なんだか簡単そうだったのでトライしてみました

お料理本とかNHKさんとかはなまるさんとか、いろんなレシピを拝見し、

ほとんどが「米麹(生)200g」と「醤油200cc」という分量でしたのでそちらを参考に♪



  DSC04172  DSC04173
   DSC04291 DSC04293

使用したのは、金沢で最古の酒蔵 福光屋さんの生麹です

作り方はとっても簡単、麹と醤油を混ぜ合わせて常温で1~2週間寝かせるだけ。。。

毎日1回、陶器のスプーンで空気に触れるように混ぜ混ぜしました

日を追うごとに、だんだんまったりして、とろみがついてきます

これが完成!という目安がいまいちわかりにくいのですが、

我が家は部屋の温度が一日中高いので、10日めくらいで常温は終了といたしました

ツブツブ嫌いなのと、ペースト状にすると扱いやすいので、

ハンドブレンダーで、がーっと一気にやっつけたら冷蔵庫へ(写真右下) 

 

して、そのお味はと言えば。。。

濃い醤油の味のあとに味噌の香りがふわんと、

塩っぱい中にも、ほのかな甘味とマイルドな旨味が凝縮された感じです 

こりゃまた塩麹と同じく、なんにでも使えそうな予感が。。。

 

まずは、基本の唐揚げから作ってみました  

醤油麹を使って♪ジューシー唐揚げ
DSC04305ぷう☆pou

詳細を楽天レシピで見る 

こちらのレシピの前に、醤油麹(小さじ2)だけで漬け込んだ物も作ってみましたが、

ジューシーが過ぎて、全体がちょっとベチャッとした感じになってしまいました

そこで醤油麹と醤油のハーフ&ハーフで作ってみたのが、今回のレシピです

醤油麹だけの物よりはサクッと感がありますが、やはりやわらか仕上げです

食感の好みは分かれるような気がいたします

 

まぁ、とにかく旨味がすごくて、噛めば噛む程に美味しさと肉汁がはじけます

醤油麹が無ければ無いで美味しく作れるとは思いますが、

使えば明らかに違う、この旨味とお肉の柔らかさ。。。

 

 

炒め物にも使ってみました 

醤油麹を使って♪いんげんと豚肉の炒め物
DSC04321ぷう☆pou

詳細を楽天レシピで見る

実家から送られてきたいんげんと、細切り豚肉を醤油麹で炒めました

豚肉の下味にも、醤油麹を使用しています

ビールもご飯もすすむ美味しさです

 

塩麹の10倍以上の旨味成分(グルタミン酸)が含まれるという醤油麹、

とりあえず、なんにでも入れてますw 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

我が家から車でちょっと行った桜新町というところに、

サザエさん一家の銅像がございまして。。。

 DSC04243 DSC04248
 
今年の3月にお目見えしたらしいのですが、例の2度の『抜け毛事件』があるまで、
 
その存在を全く知りませんでした 
 
ちょっと前を通る機会がありましたので。。。 
 
DSC04244そーっと失礼します



DSC04245ご無事でなにより。。。

 

よくよく見ますと、タラちゃんとワカメちゃんにも、

同じ材質のワイヤの毛が複数ございます  

DSC04246

 

なぜ1本しかない波平さんの毛だけがターゲットに?

タラちゃんやワカメちゃんのように何本かに増毛してみる、とか。。。笑

 

とにもかくにも 『植毛式』が再び行われないことを願うばかりですݤ

 
 
 
 
 
 
献立に困ったら 楽天レシピ


スポンサーサイト

[edit]

じゃがいも、じゃがいも、じゃがいも~♪ 

カリッとポテトの♪明太チーズガレット
DSC03360 by ぷう☆pou

詳細を楽天レシピで見る
  

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
 
 
みなさま、こんにちは
 
美容院に行きました、ぷうです
 
毎度のことながら、臆面もなく「今日はナタリーポートマンな感じで」と申しましたら、
 
いつものスタイリストさんがスマホをもってこられて「これですか?」と、
 
わざわざ『レオン』の画像をダウンロードして見せてくださいました
 
そうそう、『DESIRE』の明菜ちゃんみたいにね、ってなんでやねん 
 
desireとはおよそ無縁の、生ぬるい日々を送っておりますw
 
 
 
さて、実家からコンスタントに送られてくる野菜さん達、
 
先日はいんげん、新玉ねぎ、アーリーレッド、にんにく、追加のじゃがいもが届きました
 
ほんの一部ですが。。。 
  DSC04264 DSC04272

   DSC04275 DSC04268
「インカのめざめ」「メークイン」「男爵いも」

すべて、ぷう両親が作った無農薬野菜です

 

その中でも、どんどん送られてくるじゃがいもの量が半端ありません

カレーやポテサラとか定番のものに使ったり、 

ガレットを作ったり、 
  
そして、ガレットの進化系とでも申しましょうか、
 
ビールにとってもよく合うおつまみレシピが完成しました
 
DSC03365
 
 
ポテトガレットの上に、明太子とチーズをしきつめて、カリッと焼き上げました
 
片面にしかチーズを使用していませんので、チーズ面はカリッと、
 
ポテト面はサクッと、ふたつの食感も楽しめます
 
 
 
 
みなさまのレシピも参考にさせていただいております。。。 
DSC04240
 
 
もう、大好きで何度も何度も作らせていただいてます
 
サッと茹でたポテトのシャキシャキの食感がクセになる美味しさです
 
 
 
DSC04257

LUKママさんのほっくり☆皮付きポテトフライ

油とじゃがいもを同時に火にかけることで、ホクホクに仕上がります 

ぷう夫はこちらとビールさえあれば、ご機嫌です

 

DSC04166

あとぶーさんの新じゃがのいりいり

じーっくりコロコロすることで、新じゃがの旨味がじーっくり引き出されました

じゃがいものシンプルな美味しさを、しみじみ感じます 

 

DSC04289

こちらも、あとぶーさんの新じゃがのポタージュ

皮付きのまま使用した新じゃがの風味がすごいです

ノンオイルでヘルシー、レンチンだけでこの美味しさ、この夏大活躍の予感です。。。

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

で、こんなふうに毎日じゃがいも尽くしを満喫しておりましたら、

言わんこっちゃない、お腹まわりがいい感じでだぶついてきました

ダイエットも嫌い、身体を動かすのも嫌い、

さて、どうしましょう。。。

 

まっさかさーまーにー... Ф

 
 
 
 
 
 
献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

なすぺー♪ 

なすぺー♪
DSC03719 by ぷう☆pou

詳細を楽天レシピで見る

 

 

        ĥϡ       Хϡ       ĥϡ

 

 

みなさま、こんにちは

いい歳してキャラものが大好きです、ぷうです

なによりパンダが一番ですが、ピーポくんからゆるキャラまで、

見つければウキウキウォッチング、つい買っちゃいます

おかげでデスクまわりはガッチャガチャ、でもこれがいちばん落ちつくスタイルです

DSC04220 

 

子供の頃から変わった物が好きね~、と母から言われ続けております

先日、実家から送られてきた野菜の中で、発見したのがこちら。。。

DSC03415 ぷう夫を叩いちゃダメだよw

『熊本赤なす』という、えらくでっかい茄子です

「なんか好きそうだったから」とは母の言葉ですが、

”茄子が好きそう”ではなく、『くまモン』のことを言っているようですw

 

さすが母、わたくしの好みをよーくわかっています

DSC02243くまモンだモン♪

わたくしの中でも現在1、2を争うお気に入りのキャラ、

あ、もう1人はドアラです

ちなみに中日ドラゴンズには、全く興味がございません(笑) 

どうも♪

『くまモン』も『ドアラ』も、落ち着きのない妙な動きにいつも釘付けです

ぜひいつの日か、共演していただきたいものです
 
 

DSC04199
 
キーホルダーは頂き物のくまモンを。。。
 
パンダは年季が入って、かなりやさぐれてきました(笑) 
 

DSC04222

ケータイのストラップはさくらパンダ です

こうして客観的に見ておりますと、イタイ中年になってるような。。。 

ま、いっか(笑)

 

      ĥϡ      Хϡ     ĥϡ

 

先月に作ったものですが。。。 

長なすを使って、ワインがすすむペーストを作りました 

DSC03753

緑を綺麗に出したかったので、皮はピーラーで剥いてしまいました

オリーブも同じくグリーンを使用しております

クリームチーズを入れてコクをプラスしておりますが、

アンチョビなんか入れても美味しいと思います

デートの事を考えて、にんにくは使用しておりませんФ 

 

DSC03769
 
バゲットにそのまま、たっぷりぬりぬりしていただいても、
 
また、EXVオリーブオイルに落としていただいても、うましでございます
 
 
茄子が美味しい今の季節にぴったりの、茄子満喫レシピです֥ϡ 
 
 
 
 
 
 
献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

東京スカイツリーで買ったもの♪ 

みなさま、こんにちは

ショッピングも楽しみのひとつですね、ぷうです

大した物は買っておりませんが、軽くご紹介を。。。

 

まずは、あちらで食べた物

DSC04094

スカイレストラン併設の『東京ソラマチ』というショッピングエリアへまいりました 

お食事の時間帯は外したつもりですが、どこへ行っても大行列です

地元から初出店のもんじゃや親子丼などのお店は、

入店がいつになるのか予想もつかないくらいの混みようで。。。

そうすると待つのが嫌いなぷう夫は、比較的空いてるお店をだいたい選びます 

DSC03926
 
で、ひつまぶし(笑)
 
愛知県に本店がございますひつまぶし備長さんにていただきました
 
備長炭で丁寧に焼かれたうなぎはカリッとジューシー、
 
コクがあるのに、意外にもすっきり仕上げのタレと絶妙にマッチしております
 
 
 


   DSC04106  DSC04088 

       DSC04114 DSC04110

ソラマチに行ったら購入しようと思っていました林フルーツさんのスイーツ

創業78年の老舗の果物屋さんが、新しいスタイルを目指したショップだそうです

それなのにwなんと申しますか、すごく懐かしい味がしました

むかし食べた、地元のケーキ屋さんの生クリームを思い出しました

 

 

そして、上野が近いせいか、パンダグッズが充実しておりまして、目移りしっぱなしです 

DSC04128

金沢のまめや金澤萬久(ばんきゅう)さんの豆菓子

豆型の箱にひとつひとつ手描きで描かれるそうで、微妙に表情が違うのが魅力的です 

DSC04132

豆は2種類、「しおみつ&竹炭」

奥は「葉わさび&イタリアン」ビールにとっても合います

 

次もパンダちゃん。。。 

DSC04142 か、かわいいܤϡ 

2016年には創業300周年をお迎えになる奈良の老舗、中川政七商店の系列から遊 中川 さん

麻の織物専門のお店なので、パンダの入れ物ももちろん麻100%でございます

DSC04147 

商品名が『パンダのおやつ』

パンダはあられなんて食べないよ~、なんて言いつつも思わずニヤニヤしちゃいます

何を入れるか検討中ですw

 

  

『ソラマチ』の店舗ですが、墨田区と他の地方、日本を意識したショップが多く、

そういう体系の施設が無かっただけに、とても感激してしまいました

いつもタグを見ては日本製かどうか確認してから購入しておりましたのに、

この安心感はなんなんでしょう。。。 

  DSC04160 DSC03921

   DSC04139 DSC04135

すべて日本製。。。

もの作り日本、ここにありݤ 

 

最後は、やっぱり買わずにいられない、ソラカラちゃん人形 

DSC04149

くちぐせは「そらから これから いってみるから!」

おじいちゃんにもらった望遠鏡が宝物です

ソラカラちゃんはわたくしの宝物に、と思ったそのとき。。。 

DSC04154失礼します
 
なんということでしょう。。。
 
こんなことがあってもいいのでしょうか
 
もの作り日本、ここに極まれり??
 
 
ああ、全くもって、残念ですܤ 
 
 
 
 
 


[edit]

東京スカイツリーへ行く♪【2】 

みなさま、こんにちは

関東も梅雨入りしましたね、ぷうです

髪の毛ボーボーでも、お肌カサカサには有難いシーズンですw

 

さて梅雨入り前の先日、東京スカイツリーへ行ってまいりまして、

本日はそのご報告、第二弾でございます 

DSC04010
 
下を見てもいろいろ小ちゃいな、くらいの感想ですがw
 
上を見るとよくわかる、この空の近さ。。。
 
雲に手が届きそうです
 
 
 
 
 
台風の影響でお昼過ぎまで雨だったせいか、雲の多い空模様でした
 
DSC03999
 
が、晴れ男ぷう夫の登場で、雲の間から徐々に光が。。。 

DSC04016

ゆっくりオレンジの光へと変わり。。。 

DSC04034

日の入り時刻の直前に、雲の間から太陽が。。。

さすが晴れ男、期待を裏切りません

ただひとり、ぷう夫がこの世で勝てない雨男がおりまして、それが我が父でございます

ゴルフに行こうが、旅行に行こうが、ほぼ雨、

雨具のコレクションも豊富に取り揃えてございます 

わたくしたちの結婚式も、どしゃ降りでございました(笑)

そんなぷう父が居なくて良かったね、とふざけつつ、下の階へとまいります

 

 

『天望回廊』からエレベーターで降り立ったのは、

『天望デッキ』の真ん中の階になります345メートルのフロアです

オフィシャルショップにぷう夫に連れ込まれ、

2種のライティングもばっちりな「東京スカイツリー ミニチュア模型」を、

17157円であわやご購入というところを身体を張って阻止、

ほうほうの体で下の階へまいります 

DSC04045

暗くて分かり難いですが、こちらが人気のスポット『ガラス床』なるものでございます

床がガラス張りになっておりまして、なかなかのスリルを味わえます

ぷう夫の言葉をそのまま借りれば、

「俺のスカイツリーが隠れちゃった」状態になるそうです(笑)

 

 

「俺のスカイツリー」話で無駄に盛り上がってる間に、すっかり陽が暮れておりまして、

DSC04055

お待ちかねの夜景タイムの始まりです

実はスカイツリーには「634 ムサシ」というスカイレストランがございまして、

1週間前にぷう夫が予約のお電話をさせていただいたそうなのですが、

全く予約の取れない状態だったそうでございます

いつかは行ってみたいですね。。。 

 

DSC04061 

レストランにも行けず、このまま下りるのもなんだか寂しいし、

それより歩き回って疲れたので、カフェに行くことにしました

こちらでも待つこと40分、やっと手にしたのがこちらのメニュー 

DSC04066

ミックスサンドイッチ 700円 

DSC04067

カレー 900円

「アルコールは無いんだね。気圧が低いと酔っちゃうもんね、ってばかやろう」

一人ノリツッコミするぷう夫をなだめつつ、絶景を楽しめる席へとご案内していただきます

席へのご案内はしてくださいますが、基本的にセルフサービス、

セルフでこのお値段、よっぽど美味しいに違いない、期待に胸が躍ります

 

わたくしはサンドイッチをパクリ、

「つ、冷たい。。。」 

出来上がって何時間、冷蔵庫にいらしたの? 

応えるはずのないサンドイッチに思わず聞いてしまいます

しかも星形ポテトまで冷え冷え。。。可愛いのは見た目だけ。。。

「カレーはどうなの?」と聞けば「普通」とのお答え 

お食事メニューはこの2種類しか無いだけに非常に残念です 

ソイラテとコーラも合わせて2500円、

絶景チャージがひとり1000円と思えば気楽に過ごせるかもしれません(笑) 

 

 

無駄にお腹を膨らませたら、後は下りるのみで。。。

DSC04099ブルーを基調とした『粋』

パナソニックのLED照明使用のライティングは日替わりだそうです 

スカイツリーホワイトと呼ばれる白とのコントラストが見事です

 

DSC04085

タワーの上から景色を眺める、というよりは、

建築物としてたいへん楽しませていただきました

 

注意点としましては、

・履き慣れた、歩ける靴で行く(かなり歩きますし、待ち時間があちこち発生します) 

・空調が効いてるので上着を持って行く(寒かった。。。)

 

誇れる日本を満喫できます

ぜひ、お越しくださませݤ֥ϡ

 

 

 



[edit]

東京スカイツリーへ行く♪ 

みなさま、こんにちは

東京スカイツリーに行ってきました、ぷうです

台風が近付いている日だったのでどうかな、と思っておりましたが、

お昼過ぎには回復してきまして、いい感じに青空も。。。

 

楽しみで前日から相当浮かれ気味だったぷう夫と共に、まずは対岸から眺めます 

DSC03916

 「でかっ」

それしかありません 

 

DSC03943スカイツリーホワイト

下から見上げると、慣れない角度にもれなく頸椎が悲鳴をあげます

写真を撮りたくても、簡単には収まらない大きさです

 

 DSC03947 DSC03954

     DSC03958 DSC03955  
  
日本が誇る伝統の技と最新の技術をあちこちで堪能することができます

日本大好き夫婦としましては「やっぱ日本すげー」と感嘆するばかりで(笑) 

 

 

スカイツリーは『天望デッキ』と『天望回廊』というゾーンに分かれていまして、

天望デッキまで大人2000円、更に上に行く天望回廊までは1000円プラスとなります 

ぷう夫に促されるまま『天望デッキ』へ 行きました

DSC03966

こちらで既に350メートル、東京タワーより高いようです 


DSC03968

平日なのにすごい混みようです

外国人の方から修学旅行生、地方からのツアーの方々など、客層は様々です

人混みが嫌い、待つのが嫌い、だらだら歩くのが嫌いなぷう夫は、

何事も先手必勝とばかりに『天望回廊』へのチケット売り場に並びます

こちらのフロアを1周するどころか、まだ外の景色も見ていないと言うのに。。。

デパートでもどこでも、上の階から順番に見るのを常とするぷう夫さん、

スカイツリーでもその法則は守られるようですw 

「また後で来るから」という言葉を素直に信じ、ぷう夫の側へ

が、後で気付いたことですが、『天望回廊』帰りのエレベーターは別フロアに到着なので、

先に満喫されることをオススメいたします 

 

『天望回廊』へ行く待ち時間は40分というご案内のところ、
 
意外と早く20分もかかりませんでした
 
DSC03973見上げた感じ
 
エレベーターに乗り込むと、奥の天井部分と出入り口の扉部分はガラスとなっていまして、
 
臨場感たっぷりに天空への旅を楽しむことができます 
 
 
 
DSC03976


やってきました『天望回廊』こちらで445メートル、

ぐるっと囲むように歩いて450メートル最終地点までまいります 

 

DSC03977

ここに来て、初めて見る外の景色。。。

小ちゃ過ぎて、いまいちなんだかよくわからない

一応、お約束の自分ちを探そう的な流れになりますが、
 
遠過ぎて、全くわからない。。。
 
 
 

 
そんなに盛り上がらないまま最高到達点、通称『ソラカラポイント』に到着です 
 
DSC03989ソラカラちゃん、かわいー♪
 
なぜかこの辺りはものすごい混みようで 
 
どちらさまも最高到達点の眺めをご覧になろうと、窓側に殺到です
 
445メートルと450メートルの景色の違いってあるのでしょうか。。。 
 
あ、また水を差すような発言を(笑) 
 

DSC04074

さて、感情における最高到達点を迎えないまま、フラット状態で終わってしまうのか

次回へ続く。。。Ф 

 

 

 



[edit]

夏野菜の揚げ浸し 

白だしを使って♪夏野菜の揚げ浸し
DSC03318 by ぷう☆pou

■材料(2~3人分)
長なす / 1本

オクラ / 1袋

プチトマト / 5個

ズッキーニ / 1/2本

パプリカ / 1/2個

●白だし / 50cc(2~5倍希釈可能な物)
●水 / 100cc(今回は温泉水使用)
●米酢 / 大さじ1
●みりん / 大さじ1弱
●塩 / 適宜

揚げ油 / 適量

■作り方

1.●をバットに入れ混ぜる。塩で濃いめになるように味を調整する。

2.なすは皮目に細かく切り込みを入れ、4等分にする。 

3.ズッキーニとパプリカは細長くカットする。

4.オクラのヘタの部分をぐるっとカットし、塩茹でする。温かいうちに【1】へ。

5. トマトはヘタをつけたまま湯剥きし【1】へ。

6.なす、ズッキーニ、パプリカをサッと素揚げして、しっかり油をきって【1】へ。 

7.たまにひっくり返し、あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やして、完成♪ 

詳細を楽天レシピで見る




      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
 
みなさま、こんにちは
 
TVはあんまり見ません、ぷうです 
 
映画はよく観ます
 
BDやDVDを借りたりスカパーで録画したり
 
反対にぷう夫は大のTV好き(特にスポーツ関連)
 
起きたら帰ってきたら、すぐにTVのスイッチをONです
 
その場に居ても居なくても、ONになっていないと落ちつかないようです
 
見てないんだからいいのだろうとOFFにすると、すっ飛んできて怒ります(笑)
 
 
 
昨日のぷう夫の1日。。。
 
 午前中にヤンキースの黒田投手の試合を観戦
 
 お昼前に美容院へ行って髪をカット
 
 帰ってきて、録画しておいたダルビッシュ投手の試合を観戦
 (その間にジャイアンツの試合を録画)
 
 ダルビッシュ投手の試合観戦後、ジャイアンツの試合を観戦
 
 途中から2画面で、サッカーW杯予選のオマール戦を観戦  
 
2画面って。。。ねえ。。。
 
55インチのTVでサッカーと野球を並行して見るんです
 
すごい動体視力ぅ~Ф 
 
 
 
DSC03337
 
驚異のミネラルウォーター温泉水99を使用のレシピも、本日でおしまいとなります
 
長らくのおつきあい、ありがとうございました
 
先々週になりますが、夏野菜を使って簡単さっぱりな揚げ浸しを作りました 
 
 
トマト、オクラ、ズッキーニ、パプリカ、なす。。。 
 
   手順の写真を掲載する 手順の写真を掲載する
 
     手順の写真を掲載する 手順の写真を掲載する
 
市販の白だしと温泉水を合わせたものを、浸け汁に使用しております 
 
オクラはサイドを少しカットして、トマトは湯剥きしました
 
なすにも細かく切り込みを入れて、味がなじみやすくしました
 
パプリカは素揚げせずに、そのままいただくのもさっぱりしてて美味しいです 
 
 
 
 
DSC03323
 
シンプルな組み合わせだからこそ、温泉水の底力を感じます
 
野菜本来の風味&旨味を最大限に引き出してくれます
 
  
 
      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
 
TVが好き、特にスポーツ観戦が好きなぷう夫さん、
 
その間わたくしが話しかけても上の空です
 
試合についての話以外は禁止とまで言われております
 
 
「今日のフォークはよく落ちる」とか、「ストレートが伸びる」とか、
 
最近、ぷう夫が熱く語る野球話にちゃんとついてってる自分が少しイヤです Ф
 
 
 
 
 
 
 
温泉水99を使った料理レシピ
温泉水99を使った料理レシピ
     


[edit]

そら豆とグリーンピースの翡翠煮 

そら豆とグリーンピースの翡翠煮
DSC03480 by ぷう☆pou

■材料(2人分)
グリーンピース さやから出して / 100g
そら豆 / 5本
●だし汁 / 100cc
●薄口しょうゆ / 小さじ2
●みりん / 小さじ2
●塩 / 少々


■作り方

今回の出汁は温泉水&かつお節を使用しています。 

1.グリーンピースをさやから取り出す。

2.そら豆もさやから取り出し、皮に小さく切り込みを入れる。

3.●を混ぜ合わせ、軽く温める。

4.鍋に湯を沸かし、塩少々を入れ、グリーンピースを茹でる。

5.柔らかくなったらしっかり湯切りして、熱いうちに●へ。

6.同じ鍋でそら豆も茹で、柔らかくなったらザルへ取り出す。皮を剥きながら●へ。

7.そのまま冷まし、あら熱が取れたら冷蔵庫へ入れて冷やす。 

詳細を楽天レシピで見る

 

ĥϡ      Хϡ      ĥϡ      

 

 

みなさま、こんにちは

豆が大好きです、ぷうです

乾燥豆をコトコト煮込むあの時間が好きです

が、ぷう夫は大の豆嫌い

豆が入っただけで手を出さなくなります

好きな物にも豆が入ってるとポイポイ寄せてしまいます 

そんなぷう夫ですが、緑の豆はなぜか大好きです 

そら豆、青えんどう、枝豆、あとはスナップエンドウとかインゲンも大好き

 

 

DSC03443

先週、両親から送られてきた野菜の中に青えんどうがありました

さやから出して100gにも満たない、ほんのちょっとのお豆さん達(笑)

ちょうどモニター用に温泉水99が届いたところでしたので、

新玉ねぎスープの次に作らせていただいたのが、こちらのレシピです 

 

 

DSC03491

あまりにも少ない青えんどうだったので、冷蔵庫にあったそら豆も足しました

温泉水で作った白だしの味を損なわないために、下茹でしてから漬け込んでいます

ゆっくり常温で冷ましながら、じわじわ味をしみ込ませました

 

 

DSC03457

温泉水のまろやかなお出汁が染み渡った豆は、ふくよかで風味豊か。。。

ひと粒ずつ口に入れて、じっくり味わいたくなります

このままゼリー寄せにしても良さそうですݤ 

 

 

DSC03527

お写真が今ひとつでございますが、豆ご飯にしてみました

残ったお出汁に温泉水をプラスしてご飯を炊きまして、 

そら豆 &青えんどうは後から混ぜこみ、針生姜をトッピング 

噛むごとに豆の香りと旨味が広がる、滋味深~いお味です

 

 

好きな物を目にすると、途端に一人暮らし気分になるぷう夫さん

わたくしのことなどすっかり忘れて、食べ尽くしてしまいそうな勢いでした 

でも、たまには口に出して言ってください

「美味しい」って。。。

野球と豆ご飯しか見てませんよう Ф

 

 

 

 
温泉水99を使った料理レシピ
温泉水99を使った料理レシピ
     


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。