ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

冬旅行【5】片岡温泉アクアイグニス〜温泉〜  

みなさま、こんにちは

お宿選びは難しいですね、ぷうです

今回のaqua×ignisさんで、部屋に入って早々にぷう母が申しました

「若者が泊まるとこだわ〜」

わたくし達が若者かどうかはさておき、すべて設えの異なるモダンなデザイナーズルームは、ぷう母の目には新鮮だったようで・・・

 

部屋のど真ん中にある半露天のお風呂を見たぷう母曰く、

「 う〜ん、入らないかな」

・・・すまん、母よ、部屋のお風呂はここだけだ(笑)  

DSC04085 

4棟ある離れの中でもこちらの『檜』のお風呂が一番人気のようですが、ぷう母はいまひとつな反応で・・・笑 

 

「お母さん達には他の露天風呂は寒すぎるから、こっちのがいいんじゃね?」 と、

ドアを開けたらすぐ半露天の『檜』をすすめてくれた優しいぷう夫さん 

そう、ぷう母は知らない・・・極寒の露天風呂の存在を・・・

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

鈴鹿山脈の東側、湯の山温泉の麓に位置するアクアイグニスさんの冬は、当然ですが寒い(笑)

雪が多いわけではないようですが、朝晩の冷え込みはかなり厳しいものがあります(わたくし達が帰った翌日は積雪)

そんな寒い場所でも、あったかい温泉につかってあったまるのが旅の楽しみであり、醍醐味であります

が、こちらの何が問題って、『内風呂がない』『露天までの距離が無駄に長い』もう、これに尽きます

『栗』『松』『杉』の露天システムはほぼ同じなのでご説明いたしましょうw 

 

1.シャワーブースで身体を洗い、バスローブが無いのでタオルを巻いて廊下へ 

内風呂で温まったわけでもなし、中途半端にお湯あびちゃったから、この時点で寒い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

DSC08068こちらは『栗』のシャワーブース

 

 

2.気持ちを整え、いざ外へと通じるドアを開け・・・ 

DSC04141『松』

鼻の奥まで凍りそうな冷たい風に一瞬、躊躇するも、意を決して一歩踏み出します

 

 

3. 角を曲がったところに脱衣所があり(とは言えバスタオル1枚ですが)、

思い切ってバスタオルを投げ捨てた、その先に・・・ 

DSC04142『松』

 

 

4.まだまだ続くよ、長く冷たいウッドデッキ 

DSC04143

これは何かの罰ゲームですか・・・ 

 

 

5.つま先の感覚も無くなりかけた頃、かけ湯もそこそこに命のお湯へと飛び込む

DSC04146

朝晩は氷点下になってたみたいで、ところどころウッドデッキが凍ってましてね、

走りたくても走れないんでございますよ、怖くて・・・ 

寒さで心の臓をやられるか、すべって転んで強打するか、なんて刺激的な露天風呂なんだå

 

 

ちなみにこちらは『栗』露天への道 

「温泉に行きたいかーっ!?」 

旅人の温泉愛を試すかのように冷やっこい石畳がつづく・・・

DSC08087 DSC08088

想像してください・・・寒風吹きすさぶ石畳を雄叫びあげながら駆けぬけるネイキッド中年夫婦(笑)

 

ほらね、母よ、そっちのふ〜ろはあーまいぞ 

 

お湯につかれば片岡のとろとろ湯・・・最高なんですけどね 

冬以外のシーズンをオススメいたしますФ

あ、アクアイグニスの方へ・・・バスローブを所望いたしたく・・・ぜひご検討くださいまし 

  

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


スポンサーサイト

[edit]

冬旅行【4】 片岡温泉 アクアイグニス〜お部屋〜          

みなさま、こんにちは

やっと温泉ですね、ぷうです

今回は三重の片岡温泉 aqua×ignis -アクアイグニスさんへお邪魔しました

1年振りの再訪となります 

 

DSC08040 DSC08052 DSC08149 DSC08142

DSC08054 DSC08033 DSC08056 DSC08146

アクアイグニスさんといえば、広大な敷地内に奥田政行さんのレストラン、辻口博啓さんのベーカリー&スイーツショップ、

そして100%源泉掛け流しの温泉などが点在する地域密着型のリゾート地です餭

片岡温泉のとろんとろんのお湯を温泉好きな母に体験して欲しくて、ようやく連れてくることができました 

 

 

一軒家が点在する4つの離れのうち、ぷう両親は『檜』を、わたくし達は『松』をお借りしまして・・・ 

DSC04148『松』 DSC08153『栗』 

旅館を訪れた際、スタッフの皆さまに仰々しくお出迎えされるのがなにより苦手とするわたくしにとって、 

このように、家の目の前に駐車できるシステムは、心落ち着けて下り立つことができますのでたいへん有り難く・・・

替えのおパンツとか、忘れ物があっても気軽にとりに行けますしw 

 

チェックインはぷう両親の『檜』にて、まとめてお願いしました

DSC04097 DSC04083 

DSC04085 DSC04151

和洋室+寝室+ミニキッチン+シャワーブース+露天風呂、基本の造りは同じですが、 

4棟それぞれデザイナーさんが異なりますので、お部屋の間取り&雰囲気も様々で・・・

『檜』のお部屋の特徴は、離れの中で唯一半露天となるお風呂でしょうか 

玄関のドアを開けると、足元向こうの温泉が目に飛び込んできます

鍵をかけ忘れたりしちゃったりなんかしたら、どえらいことになっちゃいますよう(笑)

 

 

わたくし達がお世話になります、2軒隣りの『松』 

DSC04093 DSC04101

DSC04104 DSC04092

当然ながら1軒家なので、ただ、ただ、広いw(定員まででしたら1棟に何名で宿泊しようと1人分の宿泊料は変わりません)

そしてこちら、ポータブルのちっちゃいテレビのみでしたので、No TV No Life中年ぷう夫さんには不評でございました 

またカーテンを開けると、すべてのお部屋から宿泊棟方面に丸見せ状態なため、ずっと閉めっぱなしです

他の離れには中庭がありますが、こちらのようにカーテン閉めっぱで視線の先に何もないのは、ちと辛いものが・・・

(↑温泉でホカホカに温まった紅顔の中年ぷう夫のみw)

せめてCDプレーヤーでもあれば、と思うのは我がままですかしら? 

 

 

「同じところに泊まるのはつまらん」とのぷう夫のリクエストで別の離れをお願いしたものの、

泊まってみればやはり前回お世話になった『栗』がいちばんオススメです  

DSC08080 DSC08081

DSC08082 DSC08086

居場所がいまひとつ定まらなかった『松』のお部屋に比べ、

MOGUのクッションが転がる和室に、でっかいプロジェクター完備のリビング(プロジェクターは『栗』のみ)

中階段を昇れば開放感のあるベッドルームが・・・ 

 

 写真: DSC08132

プロジェクターが嬉しくて、思わずウミイグアナとシンクロしてたイノセント中年ぷう夫さん(笑) 

こんなおもろい人と一緒だったらどこへ行っても楽しめますから、ま、いいんですけどね֥ϡ

 

 

次回、中途半端な気持ちじゃダメよ・・・極寒の露天風呂へ、命がけのダイブへGOだっФ

 

 

  

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

冬旅行【3】信楽&伊賀で器巡り♪ 

みなさま、こんにちは

夫に無駄話が多すぎると言われました、ぷうです 

前回のシルビアさんの、あのくだりはいらんだろう、と・・・ 

モーニングの話で終わりって、一体いつになったら温泉に辿り着くんだ、と・・・ 

40の壁を越えてからというもの、日々せっかちになっていくキレキレ中年ぷう夫さん

そう慌てなさるな、今日はぽかぽか気持ちいいですよう

 

 

さて、支留比亜さんでモーニングをいただいたあとは、伊勢湾岸自動車道から信楽方面へ、

楽しみにしていた古谷製陶所さんへとまいりました

写真: DSC04076

実は、店舗というものがなく工房のみの古谷製陶所さん

きちんと調べていなかったわたくし達は、直前にお電話してお邪魔してしまったのですが、

皆さま温かく迎え入れてくださいまして、その節はたいへん失礼いたしましたݤ

ふわり雪が舞うなか「いちばん寒い日に来られましたね〜」と、ストーブをつけて下さり、尋常じゃない気温に奥歯をカタカタ鳴らしていたぷう両親はゾンビのように炎に吸い寄せられ・・・笑

わたくしはと言えば「ご自由にご覧ください」とのお声を聞くなり、古谷さんの白の器が所狭しと並べられた工房内を無我夢中で探索・・・

まさに、『待て!』から『よし!』のワンちゃん状態w

 DSC04074

定番のものから初めて目にするものまで、いろいろです

大人気の古谷さんの器は、ショップ等で見つけても数点しか残っていないことが多く、これだけの数を目の当たりにすると、もうなにがなにやらわけわかめ(笑)

 

迷って迷って、こちらの商品を購入させていただきました餭

 写真: DSC04364

定番の『粉引どんぶり』と、表情がそれぞれ愛らしい『しのぎリム皿』

ひとめぼれです֥ϡ 

 

 

写真: DSC04358 

そしてこちら、古谷さんの作品としては珍しいカラーでしたので、思わずいただいてしまいました

社長さんの試作品だとか・・・これからまた楽しみです

 

古谷さんの器は扱いも簡単なので、毎日の食卓に気軽に使わせていただいております

2月に開催されるテーブルウェア・フェスティバル2014  に、今年も出展されるそうですよ・・・ぜひ餭

 

 

その後は、お馴染み伊賀の長谷園さんを訪れ、こちらでしかお取り扱いのないアウトレット商品を物色☆

蓋がほんのちょっとガタつくとか、色にほんのちょっとムラがあるとか、指摘されても「へー、そうなんだ」くらいの程度です

それを、びっくりするくらいお安く購入できますので、新名神高速道路を走る時は必ず寄り道させていただきます 

写真: DSC04367 

今回は、浅鍋と黒い器の数々を・・・

鍋メインではないけれどちょっと温めたい時用に、夫婦二人には程よい大きさです 

  

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ
 
 
 
その後、長谷園さんをあとにし一路温泉へと向かうわけですが、 今日も辿り着けそうにありませんね(笑)
 
つづきは、また次回ってことで・・・Ф
 
 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

冬旅行【2】名古屋モーニングのお約束♪ 

みなさま、こんにちは

名古屋のマスト食のひとつといえばモーニングですね、ぷうです

本格的なモーニングを久しく食していないわたくしたち一行は、どちらへお邪魔しようかと散々迷った末、

『別れても好きな人』的なネーミングが冴え渡る支留比亜(シルビアと読む)さんへお邪魔することにしました

『別れても〜』の方は、下唇を噛んでのシルヴィアさん 

ただ支留比亜さんのローマ字表記はsilviaなので、正確にはシルヴィアさんだと思うのですが・・・

え?どうでもいい??

ですよね(笑)

 

そうそう、どうしてこちらのお店に決まったのかと申しますと、

パンケーキ中年ぷう夫が「今日の朝は絶対パンケーキ!」と、ごねまくりまして、

ネットであれこれ検索したところ、フルーツがのってるとか、厚みが足りないとか、クリームいらないとか、うるさいことこの上なく・・・ 

そうして調べまくってようやく見つけたのが支留比亜さんのパンケーキです

ぷ夫「もうちょっと厚みがあるのが俺好みだけどね」 

ぷう「・・・

 

 

我がままパンケーキ中年ぷう夫は放っておくとして、チェックアウトを済ませたわたくし達は支留比亜さんへと車を走らせました

行ってみれば朝も早いというのに駐車場はいっぱい、店内も満席近くでしばらく待つことに・・・

「名古屋の人は朝ごはんを家で食べないのかな?」と素朴な疑問をぶつけるぷう夫さん

わたくしも存じませんが、それくらいご近所風の方々で盛り上がっています

そして席についてメニューを開けば、美味しそうなサンドイッチが目白押し餭 

そんなワクワクのぷう親子の傍らで、どうも浮かない顔のぷう夫さん 

どうしたかと聞けば「今の時間、パンケーキ、ない」(←カタコト?)

(ハハハ...ばーかばーか)と幼児並みの返しを心の中で叫びつつ、他のメニューを優しくすすめる鉄仮面のわたくしw

 

それぞれ決まったところで、スタッフの方にオーダーをお願いします

最後に「コーヒーにはトーストとゆで卵がついてますけど、どうされますか?」

はて・・・?? 

写真: DSC04062

そう、これが名古屋のモーニング 

コーヒーをオーダーすれば色んなものがついてくる、基本中の基本を忘れてました

まわりを見渡せば、ほぼ全員こちらのセットをお召し上がりです

でもサンドイッチも食べたい・・・

「じゃ、トーストは2枚、ゆで卵は4つで!」と中途半端にお願いし、待つこと数分やってきましたよ、美味しそうな品々が 

 

 

ぷう『ハムエッグサンド』 

DSC04067

ふわっふわのたまごと、同じくふわっふわのトースト֥ϡ 

うすーく塗られたマヨ加減が絶妙です 

 

 

ぷう夫『たまごサンド』 

DSC04068

温かい卵焼き&スライスきゅうりのサンドイッチ

シンプルな美味しさで朝食にぴったり 

 

 

ぷう母『カルボトースト』 

DSC04065 

”日本でここでしか食べられないカルボナーラ風”だそうです

こってりしてるのかな、と思いきや、ミルキーな味わいはクセになります

 

 

ぷう父『カツサンド』 

DSC04071

「朝からカツかっ!」と、全員から突っ込まれていましたが、なんのなんの、

ぷう母もぷう夫も取り替えっこして「美味しい、美味しい」と、いただいてましたよw

 

 

DSC04070

そして、余るゆで卵・・・

そして、ぷう母の伸ばした手を皮切りに、ワラワラと手が伸び無言で殻を剥き始め・・・

卵が先かニワトリが先か、ゆで卵が先かサンドイッチが先か・・・答えが出ないまま口へと詰め込む

さじ加減を知らない、ぷうとその仲間達(笑)

ごちそうさまでしたͤ

 

 

ご近所にこんな美味しい朝ごはんを食べられるお店があれば、そりゃ通っちゃいますよね

名古屋には、モーニングを出されてるお店が街中にありますもの 

いいな・・・名古屋人はڤ

 

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

冬旅行【1】 名古屋めしからスタート♪ 

みなさま、こんにちは

先週の連休を利用して今年初の旅に行ってまいりました、ぷうです

今回は途中まで、わたくしの両親も参加でございます

ぷう夫父も含め、昔からこのメンバーで国内外問わず旅行してきました

「珍しいね」とよく言われます 

親が一緒となると訪れる場所も少々変わってきますが、『一緒に行けるうちに行きたい』というのがわたくし達夫婦共通の想いで・・・

揃いも揃って大雑把で自由な性格なので、ずっと一緒に居ても気にならないのかもしれません

ま、ちっちゃな事件はごまんとありますが(笑)

そして今回は、残念ながらぷう夫父は遠く異国へと旅立ってしまったので4人となります

 

わたくし達は新東名をピューッと走り、飛行機でやってきたぷう両親と名古屋で合流

名古屋ではホテルに2泊、食べた食べたよ名古屋めし、ざーっとご紹介させていただきましょうw

到着した晩は一鳳さんという名古屋コーチンのお店で焼き物をいただき(写真撮るの忘れました)、

一つしか残っていなかった『名古屋コーチンたまごのとろ〜りプリン』を代表していただきw、

次の日はリヨンのモーニングでスタート

DSC04035 DSC04037

小倉とピーナッツバターのプレスサンドをぷう夫と半分こ☆

美味しいよ、美味しいけど、まぁ普通かな(笑)

(これだったら家で作れるわよね...)と考えちゃうところが主婦の悲しい性ってやつでしょうかw

ぷう父は大喜びでモリモリやってましたがww

 

その後は美濃忠さんで栗羊羹を大人買いし、

DSC04047 DSC04385

こちらの羊羹はもう、『THE 羊羹』(笑) 

昔ながらのみっちりむっちりタイプでございます(←どんな?)

どこを切っても栗がゴロゴロ〜♪

 

そのまま花桔梗さんという所へ、和菓子のはしごとなります

およそ和菓子屋さんとは想像もつかない、おされな店構えに気圧されながらも・・・ 

DSC04050 DSC04242

狙うは、冬だけいただける『苺もち』餭 (他の生菓子も美味し!)

羽二重餅と白あんとの比率が絶妙です 

こちらの花桔梗さん、たま〜に伊勢丹さんやら高島屋さんの催事でいらっしゃいますので、ぜひぜひ♪

 

その後ぷう夫と連れ立って、カレー煮込みうどんの鯱市(しゃちいち)さんへまいりましたが、

すっごい行列をひと目見たぷう夫さん、

「ありえね〜し」と、そのまま通過しやがりました(←並ぶのがなにより嫌い)

で、行ってみたいお店をいくつかピックアップしておりましたので、ぷう夫の希望を聞き、

うかがいましたのは、ちょっと外れにあります如水さんというラーメン屋さん(←カレーうどん気分からのw)

とか言いつつ、こちらもかなりの行列で30分くらい待ちました 

写真: DSC04044 

DSC04040 DSC04043

わたくしは『塩』、ぷう夫は『醤油』ラーメンをば・・・

国産の素材にこだわって作っていらっしゃるというそのスープは、

シンプルながらも魚介の風味が効いていて、あっさりしているのに奥深〜い味わい(醤油は鶏が強い?)

胡椒やら他の調味料など、普通は目にするものが一切セットされていないのもご主人の自信の表れでしょうか...

スープをすべて飲み干そうとするぷう夫から、丼をもぎ取るのにひと苦労でした(笑) 

 

その晩は、叔父夫婦も混じっての楽しいお食事会で、あっという間の名古屋めし

まだまだ食べてみたいものが、たくさんあるのにのに・・・

 

あ、糖質制限はしばらく封印ということで、お含みおきくださいませФ 

 

 

 

 

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

おもてなしの前菜に♪ごちそうサラダスパゲティ 

前菜に♪ごちそうサラダスパゲティ
写真: DSC03835ぷう☆pou

■材料(約3人分)
マ・マー早ゆでスパゲティ1.4mm / 100g

●マ・マー からし明太子生風味 / 1パック

●マヨネーズ / 大さじ1

●EXVオリーブオイル / 小さじ1

●黒胡椒 / 少々

ゆで卵 / 1個

きゅうり / 1/4本

プロセスチーズ / 1ポーション

スモークサーモン / 3切れ

いくら醤油漬け / 大さじ1

ベビーリーフなど お好みで / 適宜

■作り方 

1.チーズときゅうりは5mm角にカットする。 

2. ゆで卵の白身と黄身を分け、白身は細かく刻んで●と一緒にボウルに入れる。

黄身はザルorおろし器などで、細かく削る。 

3.パスタを袋の表示より少し長めに茹でしっかり湯切りしたら、【2】のボウルに入れ混ぜる。

4.パスタを6等分にして、くるくる巻きながら盛り付ける。

しっかり冷ましてからトッピングへ・・・

5.トッピングは2種類;サーモンを巻いて真ん中に黄身をふわっと盛ったもの。

もうひとつは、ベビーリーフといくら。

最後に【1】を散らして、完成。お好みでEXVオリーブオイルorマヨを全体にかけても♪ 


詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━… 

 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ 

 

みなさま、こんにちは

どん曇りの午後いかがお過ごしでしょうか、ぷうです

これから雨になるそうですね

空気カラカラ状態から少し逃れられそうです

小耳に挟んだのですが、夏場だけではなく冬の脱水症状にも注意が必要とか・・・

空気は乾燥しているのに気温が低いので、喉の渇きを感じにくくなっちゃうらしいです

年齢とともに体内の水分量も減りますし、まめに水分補給を心がけたいところです

って、「まじめかっ」と自分にツッコミつつ、本日のレシピのご紹介をばФ 

 

 

去年、モニター用にマ・マーさんよりパスタ&ソースを大量にいただいたのも、記憶に新しく・・・

またもやドカッと頂戴しまして、あれやこれやお試しさせていただいております

今回はこちらの商品を餭

DSC04000 

年末の集まりにて、ちょい豪華なアレンジで楽しませていただきました

パスタの茹で時間は通常7〜8分のところ、2分で終了してしまう驚異の速さです

結束タイプなので、糖質制限中の身としましてはカウントしやすいのも嬉しいところ 

  

 

写真: DSC03844 

明太子ソースで和えたパスタをくるくるっと巻いて盛りつけ、いくらやサーモンでおめかししてみました

細かくカットしたきゅうりとチーズを散らして、サラダ感覚でいただけます

 

年末の集まりでは早めに作って寒い部屋においておき、あとはドーンとお出しするだけなので、とっても楽ちんでした 

こういうボリュームのある前菜は男子受けもばっちしです

とは言え、我が家の男子はTVに釘付け黙々と食べる中年ぷう夫とその父(←同じくNo TV No Life)のみですが(笑)

 

そして、ひとり小さくつぶやくわたくし「おいしいよ」

せめて心には潤いをФ 

 

 

ͤマ・マーさん、レシピブログさん、ありがとうございましたͤ

早ゆでパスタの料理レシピ
おもてなし早ゆでパスタレシピ  早ゆでパスタ検索

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

2014☆和の簡単おせち♪ 

みなさま、こんにちは

初詣に行って参りました、ぷうです

2年連続『凶』を引いちゃった凶運中年ぷう夫さんでしたが、

今年は『吉』ということで、まずまずの結果にホッとしております 

でね、一方のわたくしなんでございますが、ものの見事に『凶』を引いちゃいまして・・・

夫婦そろって3年連続『凶』を授かるって、なんなんでしょうね 

ぷう夫ほど”気にしぃ”ではございませんので別にいいんですけどね、気分のいいものではありませんよね 

そもそも「なにをやってもうまくいかないよ」って、新年早々気持ちも新たにって時に言う必要あります? 

「用心しなさい」ってことなんでしょうけど、なにもお正月に、ねぇ・・・

 

 

待ち人来らずとも、病は治らずとも、恋は実らずとも、「負けないぜ!」と気合いを入れたところで、和のおせちをw

DSC03931

しわくちゃテーブルクロスはスルーしていただきたく(笑) 

  

 

DSC03935器は大屋窯の史郎さんのものです

煮物は、鶏もも肉、ごぼう、にんじん、れんこん、椎茸、いんげん、長芋で

かつお出汁を効かせて薄めに仕上げました

 

 

DSC03950器は読谷山焼の玉元輝政さんのものです

レシピはフライパンで簡単♪ローストビーフ餭

スライスして器に盛り付けベビーリーフとPトマトをトッピング、仕上げに粗挽きガーリックをふりふりしました

わさび醤油とポン酢を添えて・・・ 

 

 

DSC03960

キュートな招き猫ちゃんのさつま揚げ入り『おでん』を餭 

今年も糖質制限続行(ゆるゆる)なので、ちくわぶ中年ぷう夫の願いは聞き入れず(笑)

年末からの暴飲暴食続き、ここにきての『おでん』はしみます・・・って、練り物しか見えませんねФ

 

 

写真: DSC03930

おせちは、ごま豆腐、赤かぶの漬け物、数の子、サーモンロール、伊達巻き、栗きんとん

数の子は、かつお出汁+日本酒+薄口醤油に半日ほど漬けました

大根をシャキシャキ♪れんこんとにんじんのすっきり甘酢漬けにプラスして、年末に漬け込み、

その大根でスモークサーモンをくるくるっと巻いたのがサーモンロールです

栗きんとんはこちらのレシピで→とっても簡単♪栗きんとん

市販のものより作ったほうが格段に美味しく、丼一杯はいけるかと(←だめよ〜だめだめ)

 

DSC03983 DSC03997

陶器の重箱は波佐見焼の堀江陶器さんのh+(エイチ・プラス)というシリーズのものです

蓋は取り皿としても使えるというおされ構造で、蓋と器とバラバラに購入できるのが嬉しい֥ϡ

蓋だけ割ってがっかりってこともありませんもの

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

東京ドームにて今年も開催されますテーブルウェア・フェスティバル2014

堀江陶器さんも出展されるのでしょうか

古谷製陶所さんと丸十製陶さんも・・・

今から楽しみですݤ񤭥ϡ

 

 

 

  

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

明けましておめでとうございます♪ 

みなさま、明けましておめでとうございます

ぷうです

楽しいお正月をお過ごしでしょうか 

我が家のぷう夫さんはと言えば、年末からお休みになってからというもの、

ソファに座ってTVをずーっと見続け、たまに立ち上がったかと思えば「お腹すいた〜」の繰り返し・・・

奥さまもゆっくり寝正月の心づもりでおりましたのに、ばりばりフルタイムのお手伝いさん状態でございますよ 

 

元旦はおせち、2日は簡単にお鍋、くらいに思ってましたの、わたくし(もちろん購入済)

2日のお昼を召し上がったあと、ぷう夫さんなんつったと思います?

「夜は青椒肉絲が食べた〜い」「あと、餃子もね♪」

 

PM2.5真っ盛りの彼の国にでもいらっしゃれば?なんならチケットお取りしましょか、片道で?(←心のつぶやき)

 

・・・今年も耐えて忍ぶ、忍耐の1年になりそうですФニンニン 

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

さて、本日は簡単に元旦のお食事のご紹介させてください

大晦日に飲んだくれて夜更かししちゃったので、起きたのはお昼近く、

アルコールが微妙に残ってる時は汁物に限るわね、ってことで、お雑煮を 

 

写真: DSC03895

毎度お馴染み、我が家のお雑煮はおすまし仕立てです

ぷう夫のリクエストで今年は焼き餅で、梅麩、伊達巻き、ちぢみほうれん草を少しずつ・・・

 

 

  

写真: DSC03890 

ちょっとつまめるように、F&Fさんのお漬物達と、

年末に作っておいたシャキシャキ♪れんこんとにんじんのすっきり甘酢漬けとっても簡単♪栗きんとん

 

 

アルコールが抜けてきた頃に、おせちの用意をば・・・

箱根のオーベルジュ漣さんか、松本の明神館さん、どちらにするか悩んだのですが、

DSC03905 

おせちは未体験の明神館さんのフレンチおせちにしました

信州の素材にとことんこだわった内容だそうでございます 

 

一段重の蓋を開ければ、ぷう夫と手を取り合って歓声をあげずにはいられません 

写真: DSC03906

 

 

 

せっかくなので、冷たいチームとあっためたほうがよさげなチームとに分けました 

写真: DSC03908 

ベビーリーフたっぷりなので、盛付けベタなわたくしでもなんとか(笑) 

 

 

 

DSC03926 DSC03923

ぷう夫さんリクエストでちらし寿司(サーモン&いくらちゃん)も少し用意しまして

日も落ちてきたことですし、始めちゃいますか〜

 

では、家長殿、恒例のご挨拶をば・・・ 

「明けましておめでとうございます。今年も健康に気をつけ...」

「かんぱ〜い♪」

「って、ぷうちゃん!話まだ!」

「おいしー♪」 

 

 

今年も愛と笑いが溢れる毎日でありますように֥ϡ

台所を与る主婦のみなさま、もう少しの辛抱です、ぼちぼち頑張りましょうФ 

 

 

 

  

 

献立に困ったら 楽天レシピ


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。