ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

千葉 初房総の旅【4】 九十九里 菅原工芸硝子さん 



みなさま、こんにちは

房総半島ほぼ1周です、ぷうです

以前から行ってみたかったところ、それは・・・

九十九里 sghr
ハンドメイドのガラス製品で世を魅了するsghr・スガハラさん

九十九里町なので、鴨川からはけっこうな距離がございます

が、しかしsghrさんの工房&カフェは九十九里町にしかありませんので、

ここはぷう夫さんに運転を頑張ってもらいました

そんなぷう夫さん、実はわたくし以上にsghrさんの大ファン♪

シーワールドの名残り=磯臭さ(シャチくんの海水スプラッシュ攻撃による)もなんのその、

鼻歌まじりに到着いたしましたw



まずは腹ごしらえってことで、敷地内にありますカフェへ
九十九里 sghr 九十九里 sghr
写真: 九十九里 sghr
温かみのある店内に、心地いい家具や雑貨、sghrさんのガラス製品が・・・

窓の外には桜並木・・・素敵が過ぎるとはこういうことでしょか

入り口ドアの取っ手も、引き出し扉のツマミももちろんガラス製で、

そこはもうsghrさんの作品を見て・触れて・試せるギャラリーです



ぷう夫さんは『季節のトマトソースパスタ』を☆
九十九里 sghr 九十九里 sghr
ミニスープとサラダもつきます


わたくしは『本日のケークサレ』サラダプレートとスープつき☆
九十九里 sghr 九十九里 sghr
スープの器を外すと、ケークサレのプレートが出てくる仕組み♪

おされですね〜

九十九里 sghr 九十九里 sghr
グリーンサラダ・キャロットラペ・ピクルスが1枚のガラスプレートに盛り付けられてます


食後に、ぷう夫は『フローズンカプチーノ』を、
九十九里 sghr

わたくしは芦屋ウーフさんの『アールグレイ』をいただきました
写真: 九十九里 sghr
熱い冷たい関係なく、器はすべてガラス・・・

なんだかとっても新鮮なスタイリングで、夏のイメージの強いガラス製品ですが、

季節を問わずもっと気軽に使ってみようかな、と気持ちも新たに


その後、工房を見学させていただくかどうか二人でものすごーく迷ったのですが、

めちゃあつの真夏日だったもので・・・

燃えさかる(?)灼熱の工房へとお邪魔する勇気がなかった”へたれ”のわたくし達

夏以外の季節に再び訪れ、見学&体験教室参加(ぷう夫はガラス吹きをしたかった)を誓い合うのでしたw


そんなこんなで併設のショップでお買い物をして帰ってまいりました

購入させていただいたものの中から、ひと目惚れのものを♪
sghr sghr
ガラスのポットとカップをいくつか・・・

季節を問わずコーヒーとか紅茶とか緑茶とか、あたたかい飲み物が好きで、

ずーっとガラス製のものをさがしておりました

器ひとつで気持ちも華やぎます♪

熱いものを入れても全然問題ないそうですよ(←急冷はNG)


そして、こちらのポットで入れるにふさわしいプレゼントをぷう夫さんから!?
LUPICIA

蓋を開けると・・・

LUPICIA
な、なんと100種類のお茶が登場!

大好きなルピシアさんの、20周年記念商品だそうで、

定番の紅茶からフレーバードティー、烏龍茶、日本茶までいろいろ楽しめます

引越し疲れのわたくしへのご褒美?

ありがとー♡



そんな癒しのぷう夫さん、kumo・雲という名のグラスをご購入です
sghr←泡が消えちゃうから撮影が難しい

その名の通り、ビールを注ぐと雲がぽっかり浮かんだような・・・

ほっこり中年ぷう夫さんにふさわしいチョイスでいらっしゃいます(笑)


チキンスティックチーズフライチキンスティック♪チーズフライ
こちらは以前に購入した同じくsghrさんの富士山グラス・Fujiyama Glass

ぷう夫さんがとっても大事にしていたグラスなんですけれどもね、

わたくしったら2つ3つと、買う度に落っことして割ってしまったんでございますよw

引っかかりが無いもので・・・つるーんと・・・ぱしゃーんと・・・

ぷう夫さんの呆然顔が忘れられませんゴメンネ


今回の「雲」グラスはけっこうな段々がありまして、今のところ無事です

でもね、変形タイプはめっぽう洗いにくいんだな(笑)



気をつけよーっと




☆ sghrのスタッフの皆さま、撮影ポイントを教えてくださったり、ガラス製品のお手入れなど、
                     ご丁寧に対応していただきありがとうございました〜 ☆

献立に困ったら 楽天レシピ






スポンサーサイト

[edit]

千葉 初房総の旅【3】 三水 別邸 & 鴨川シーワールド 



みなさま、こんにちは

千葉房総の旅の続きです、ぷうです

本日は三水 別邸さんのお食事の模様について・・・

写真: 三水 別邸
個室処でいただきます

こういうタイプは、人間ウォッチング好きな『家政婦は見た』的中年ぷう夫には、たいへん不評でございます

目の前には長年連れ添ったぷよぷよ中年妻しかいませんもの(笑)

まぁ、確かに窓もない四角いスペースは、静かで落ちつく反面、閉塞感は否めず・・・



飲むしかありませんね...クスクス
写真: 三水 別邸
どーんっとやってきた、お刺身盛りに合わせまして、お疲れ会という名の下シャンパンをいただきます

いろいろいっぱい、新鮮でとっても美味しい♪




三水 別邸 三水 別邸

三水 別邸 三水 別邸

三水 別邸 三水 別邸
他にも揚げもの、酢の物、小鉢と盛り沢山です

海鮮ものを中心にお腹いっぱいいただきました


そして朝食・・・同じく個室処でいただきます
三水 別邸 三水 別邸
朝から盛り沢山なラインナップ☆

釜炊きごはんがつやぴかで...ああ、久しぶりの白米は美味しい

こらこら、ぷう夫さん、糖質制限は?

言ってるそばから全部食べちゃいましたよ...ごはんがすすむものばかりなんですもの



チェックアウトの後、向かいますのは・・・ぷう夫たっての希望で鴨川シーワールド

シャチくんが見たいそうです

と、その前に、わたくしの大好きな白イルカくんのパフォーマンスを♡
写真: 鴨川 シーワールド
わーい♪バブルリングぅ♡

写真: 鴨川 シーワールド
ぼよんぼよんのお腹♪

あ、白イルカくんのこと笑えるお腹じゃなかった(笑)


で、シャチくんなんですけども、
写真: 鴨川シーワールド
初めて目にするシャチくんの華麗なる舞いに魅了されっぱなしです

そして、夏限定の『サマースプラッシュ』というコーナーがとにかくすごい!
写真: 鴨川シーワールド
日頃の鬱憤をはらすかのようなシャチくんの容赦ない攻撃は止まるところを知らず(笑)

下から7段目くらいのところに座っておりましたが、けっこーなしぶきを浴びましたよw

ポンチョ無しで挑んだ全身びしょ濡れ状態の方々は、どうやってお帰りになるのでしょうか・・・心配



シャチくんの興奮冷めやらず、クールダウンのため展示コーナーへ
写真: 鴨川 シーワールド
おお...初めて見るチンアナゴに、またまたテンションUP(笑)

ずっと見てても見飽きない魅力があります♪


写真: 鴨川 シーワールド
房総の海も空も俺のTシャツも、青く・・・青く・・・

う〜みよ〜♪お〜れのう〜みよ〜♪







献立に困ったら 楽天レシピ







[edit]

おでかけに♡ラップで簡単♪ロールおにぎりだYO 



ラップで簡単♪ロールおにぎり
写真: ラップで簡単♪ロールおにぎり

ぷう☆pou

■材料(1人分)
=おにぎり1個分=
NEWクレラップ ミニ(20cm) / 20〜30cmくらい
ごはん / 100g
牛しぐれ煮 / 大さじ1〜2
紅生姜 / 小さじ1くらい
万能ネギ 小口切り / 1/2本分

詳細を楽天レシピで見る


                      



みなさま、こんにちは

なんとなく秋ですね、ぷうです

秋と言えば運動会や行楽など、おでかけ機会が増えますね

千葉暴走、もとい房総の旅の途中ですが、本日はおでかけにぴったりなラップおにぎりのご紹介を☆



毎度お世話になります楽天レシピさんにて開催されておりますキャンペーン、

おでかけおにぎりレシピコンテストに参加させていただいております

『NEWクレラップを使用したおでかけ用おにぎり』というのがお題目なのですが、

ラップどうしがくっつきにくいクレラップの特性をいかしたロールおにぎりを作ってみました♪


ラップで簡単♪ロールおにぎり
クレラップを縦方向に20cmほど用意します

ごはんをひろげますが、両サイドは3cm、手前側は5cmくらい開けます

ごはんのうえにお好みの具材をのっけて・・・



ラップで簡単♪ロールおにぎり
手前側を両手でぐいっと持ち上げ、具材を包み込むようにごはんを重ねます

巻きすで巻く感じですね

ラップできゅっきゅと抑えたら・・・


ラップで簡単♪ロールおにぎり
そのままくるくるくる〜っとラップを巻いていきます

サイドからごはんが飛び出てきそうなくらいギリギリな感じでおっけーですw



ラップで簡単♪ロールおにぎり
サイドのごはんを奥へ押さえ込みながら、両サイドをねじねじ巻きます

空気を抜きながら、交互に巻いていくとしっかりまとまります



写真: ラップで簡単♪ロールおにぎり
両サイドを止めて、完成です

今回は20cmのクレラップミニを使用しましたが、心配な場合は大きめのラップで作って、

あとから余分なラップをカットされてもよろしいかと存じます



写真: ラップで簡単♪ロールおにぎり
いただく時はラップを外しながら、これですと手も汚れませんし、

三角形おにぎりのように大口を開ける必要もございません(笑)

ひとつ注意点としまして、巻いていくラップが長過ぎると食べる時に外しにくいので、

適度な長さでお願いします☆




写真: ラップで簡単♪ロールおにぎり
今回は牛しぐれ煮、紅生姜、、青ネギをINしました

いろいろな具材でお楽しみくださいませ

ごはんは100gと、けっこうボリュームがありますので、半分にカットされてもよろしいかと・・・





お弁当もって、どこかに行きたいですね

ねぇ、ぷう夫さん






献立に困ったら 楽天レシピ








[edit]

千葉 初房総の旅【2】 三水 別邸 



みなさま、こんにちは

鴨川へとひとっ飛びでございますよ、ぷうです

房総スカイラインを走って、ブラブラ寄り道でもしながらゆっくりお宿へ向かおうと思っていたのですが、

残念ながら寄ってみたいと思うところが・・・ない?


飲むしかありますまい(←飲みたいだけw)


てなわけで、今宵お世話になります三水 別邸さんへまいります
写真: 三水 別邸
鴨川から少し走った小湊温泉にあります小さなお宿の別館です

お向かいには日蓮聖人にゆかりのある誕生寺があり、

その日蓮聖人の化身と言われる鯛の群れを船から見学する鯛の浦遊覧船乗り場が目の前にあります

鯛の浦(地名は妙の浦)は、真鯛の生息地で国の特別天然記念物に指定されておりまして(なので鯛は禁漁)、

けれども真鯛が群れる原因は未だ不明なんだそうでございます

そんな歴史ある地を訪れたというに、どちらへも行かず早々にチェックインするわたくし達w


唯一空いていたお部屋のタイプは『半露天風呂&テラス付き和洋室』
三水 別邸 三水 別邸
 三水 別邸 三水 別邸
和室が苦手な二人なので、どう座ったらいいのかいまいち定まらず(笑)

座る時も立ち上がる時も、『鋸山』で酷使した膝に更なるダメージが(笑)




写真: 三水 別邸
夕日が反射して海がキラキラ輝きます

引越しで毎日忙しかったから、のんびりするのは久しぶり〜、と海を眺めながらぼーっとしていれば、

ゴゴゴゴゴ...と、なにやら重低音が・・・船のエンジン?


写真: 別邸 三水
そう、鯛の浦の遊覧船でございますよ

これが意外にうるさい(笑)

そしてけっこうな頻度で出たり戻ったり・・・

パンフレットを見れば、朝の8時半から夕方4時近くまで運航されてるらしく・・・(´Д`υ)ウーン



そうだ温泉に入ろう



気をとりなおして、浴室へとまいりました
別邸 山水 別邸 山水
アメニティは確かオーガニック系のものだったかと存じます

浴室のブラインドを上げるとキラキラ輝く海が☆

そして沈みゆく夕日を眺めながら湯浴みを堪能できます
三水 別邸
でもね、なんだか落ちつかないんでございますよ

マジックミラーで目隠しされてるらしいのですが、

目の前を船が通るたび、ご乗船の方々とアイコンタクトしちゃってる気がするわけで

わたくしのぷよぷよナイスバデーを、不特定多数の方々にお目汚し失礼状態になっちゃってる気がするわけで

真鯛を見学に来たのに熟女の真っぱなんぞ誰も見たくないと思われ

いつもは出たり入ったり1時間以上は楽しむバスタイムもそこそこ切り上げちゃったわけで

父さん、饅頭食べて、ふて昼寝です・・・る〜るるる(←北の国から調でお願いします)




写真: 別邸 山水
お饅頭といえば、部屋つきの和菓子がとっても美味しゅうございました

鯛せんべいで有名な和匠 かまたさんのもの



夕食への期待も膨らむってなもんですよう



次回へつづく・・・





献立に困ったら 楽天レシピ




[edit]

千葉 初房総の旅【1】 



みなさま、こんにちは

旅立ちはある朝突然に、ぷうです

「どっか連れてけ〜」と、坐像中年ぷう夫さんにごねられたのが、8月の半ば過ぎ・・・

1週間もある夏休みに、高校野球とメジャー&プロ野球観戦だけではもたないようで(笑)

が、あちらこちら片っ端からお電話しましたが、シーズン中ということでどちらのお宿も満室です(←当たり前)


そうしてようやく予約できましたのが千葉県は鴨川にあります温泉宿☆

わたくし達にとって初の房総半島の旅となります

なに?房総半島?

ちょっ、あなた!お待ちになって!!

房総半島といえば、岩好き奇岩好き垂涎の名所『鋸山』があるじゃないのぉ(←エレキテル風)

「虎穴に入らずんば虎子を得ず!行くわよ、ぷう夫さん!」と声高に叫んだものの、

「真夏だよお・・・暑いよお・・・」と、まるでやる気なしおのぷう夫さん

はぁぁぁ?マザー牧場でアルパカさんと戯れろと??

まだまだそれには及ばんわい

そんなこんなで無理矢理出発ですw




海ほたる 海ほたる
実は『海ほたる』を横断するのも初めてのわたくし達

神奈川側からトンネルを進んで、ぽっかり海の上にあがった瞬間は感動です

そのまま千葉方面への海上ドライブは最高に気持ちよく・・・

運転させてもらえばよかったな、などと思ってしまうのです



さてさて、そのまま鋸山へと参りまして、麓からロープウェーに乗って、頂上へ

いろいろルートがあるようですが、乗り物好きな二人なので車を停めて迷わず乗り込みますw

が、この選択がのちの行程に大きく響くことに・・・
写真: 鋸山
「おっ♪なにげに涼しい♪」

地上と比べると3〜4度は低いでしょうか


『鋸山』は昔、石切り場だったそうで、あちこち削られた岩肌が見どころです(←岩好きに限るw)

そして鋸山全体が『日本寺(にほんじ)』というお寺さんの境内で、

広い山の中に大仏様や観音像&石像が点在しており、岩とのコラボがこれまた見事です

けれどアップダウンの激しい坂と階段が続くので、全部を見学するにはとにかく体力が・・・


写真: 鋸山
まずは有名どころの『地獄のぞき』

山頂の展望台にあります

写真: 鋸山
ぷう夫さんはひとり、先っちょまで行ってきゃーきゃー騒いでおりましたが、

岩好きとしては、岩肌を眺めていたい♡


というより、ここへ来るまでけっこうな距離を歩いておりまして・・・
鋸山階段を...上ったり...

鋸山階段を...下りたり...

鋸山階段を...下りたり...

鋸山階段を...下りたり...
って、あれ?

さっきから下ってばっかだけど、これってまた上んないといけないよね??

ねーってばーっ!!

写真: 鋸山
わたくしを待ちくたびれたぷう夫さん、お参りしてる場合じゃないのよっ

質問に答えてよう(涙目)



結局、途中でわたくしの体力が尽き、ご本尊である大仏様を拝観することなく戻ってくることに・・・

いやぁ、去年の山寺挑戦の時より、明らかに体力落ちましたわ
写真: 鋸山
もののけ姫的な景観も素晴らしい鋸山、絶対再チャレンジですw



汗だくだくの服を着替え、軽くランチをいただいて、

ブロ友千芽々さんの過去ログで予習していたわたくしは、
びわソフト おいちぃ♡
びわソフトを満喫するのを忘れません




次回へつづく・・・






献立に困ったら 楽天レシピ





[edit]

oishii japan レシピコンテスト表彰式に行ってまいりました〜汗 



みなさま、こんにちは

いつだったか思い出せないくらいお久しぶりに賞状をいただきました、ぷうです

ていうか、人生で表彰されたことって・・・?

うぅぅ...


ほっこり♪長芋ステーキ
写真: ほっこり♪長芋ステーキ
ぷう☆pou


楽天レシピさん、Pinterestさん、レシピブログさん、SnapDishさん共催、

農林水産省さんご協力のもとで開催されましたoishii japan レシピコンテストにて、

上記のほっこり♪長芋ステーキが楽天レシピ大賞受賞とのお知らせをいただきましたのが、つい先日のこと・・・

長芋を「皮ごと」ステーキにするという手法が新しく、ポリネシア料理にも通じるパンパシフィックの文化を感じます。皮ごと焼くことでほくほくに、かつ栄養も豊かになる工夫、しょうゆ麹(こうじ)という調味料を使うことも、伝統的でありつつ新しいアイデアと評価しました

という有り難過ぎるコメントを頂戴したものの、こんなんで?という気持ちも未だくすぶっており・・・

全く自信のないまま、表彰式に参加させていただくことになりました


昔から全くわかんないと言われるのですが、実は異常なくらい緊張しいのわたくし

スピーチとかスピーチとか、ど・ど・どうしよー!

結局、楽天レシピさんの事務局スタッフK嬢様に無理を申しまして、ぷう夫同伴の許可をいただきました(←どちらも迷惑w)

なんか知ってる顔がそばに居てくれれば安心できるかしら・・・なんて

ところがどっこい会場へ行ってみれば周りは女性ばかりで、わたくし以上に緊張するへっぴり腰中年ぷう夫さん

ぷう「なんかしゃべってよう」

ぷ夫「な、なにが」

揃ってガチガチのノミの心臓夫婦です(笑)



写真: DSC07501
左から、つぶこさんの『基本の茶碗蒸し』

MISAKOさんの『サプライズの寿司ケーキ&コブサラダ』

とかげさんの『夏野菜のおそば』

そしてわたくしの『ほっこり♪長芋ステーキ』


なんだかわけのわからないまま嵐のように過ぎた時間でした(笑)

「脇汗がすごいんですけどー」と、こっそり言えば、わたくし以上に汗をかき過ぎたのか、

可哀相なくらいペッカペカの脂ギッシュ中年ぷう夫さん

「ごめんね」と早々に解放しまして、闇夜へ消えて行きました(←終わるまで待っててくれた)

家に帰ってぷう夫が撮ってくれた表彰式の写真を見たのですが、どれもこれもブレブレのキレキレでw

いらぬプレッシャーをかけてしまったわ、と反省したわたくしです




その後は『秋のフードイベント』ということで、東京シュガーアートの講師お二人によるアイシング教室や、
DSC07514十五夜をモチーフにされた先生方の作品☆美しい...


DSC07520震える手で☆人生初アイシングのわたくし作w
もはやうさぎではない、謎の生物(笑)

あ、P は、pinterestさんの P です



おあとはキュートな手まり寿司と、つぶこさんの『基本の茶碗蒸し』をいただいたり、
DSC07523DSC07534
緊張して大汗かいて手を震わせて美味しいごはんをいただいて、長いような短いような、

非常に濃い時間を過ごさせていただきましたw




DSC07544 DSC07172
そうしていただいた賞状と、

賞品の『ビタクイック4.5L+スキレット2.5L 楽天ポイントギフトカード5千円分』

どちらも未だ使うことができず、ピカピカのまま飾らせていただいております(笑)


ずっと欲しかったfisslerの圧力鍋・・・さて何を作りましょう♡





楽天レシピさん、Pinterestさん、レシピブログさん、SnapDishさん、竹村真一教授、農林水産省さん、

東京シュガーアートの荒井さん&浅井さん、スタッフの皆みな様、

そして、あたたかい眼差しで支えてくださった楽天レシピのK嬢様、本当にありがとうございました

こちらを糧に、明日に向かって頑張る所存でございます(笑)



献立に困ったら 楽天レシピ

[edit]

電子レンジ使いこなし隊 第3回レッスン『揚げる』料理編 



みなさま、こんにちは

電子レンジでごはん作り楽しんでます、ぷうです

本日はチャレンジメニューの数々をご紹介させてください


まずは先日のきじまりゅうた先生の教えに習い、翡翠色のミラクルなすを・・・

ブロ友いとゆふさんのレシピをアレンジさせていただきました☆
写真: DSC07628
翡翠なすのお味噌汁

いとゆふさんのレシピではコンロで焼いたなすをご使用で、わたくしも今まではそうしてまいりました

あっつあつの皮を根性入れて剥くたびに、こうして手の皮も面の皮も厚くなってくんだわ、と嘆いたもんです

ところがどっこいレンチンすれば、白魚のような手(?)はそのままに、

翡翠色のなすが簡単に作れますのよ(面の皮は・・・)

口に含んだ途端ジュワッとひろがるみずみずしいなすのエキス、

ぴりりと効いた辛子がアクセントとなって、たまらない美味しさです



前回のテーマが『揚げる』でしたので、ビストロさんほど高機能ではない我が家のレンジで、

どこまで追いつけるか挑戦とまいりましょうw

まずはオーソドックスな唐揚げから・・・
写真: DSC07556
青ネギたっぷりマヨぽんがけで仕上げました

いえね、これは完敗でしたわ

ビストロさんには搭載されてる『スピードグリル皿』なるものが、我が家のレンジには、ない・・・

説明書通り天板に焼き網をのっけてグリルする方法になるわけですが、

何が大変って加熱後に網から剥がすのにひと苦労ですよ

ひとつひとつ無心に剥がしてるわたくしの顔を見て「こわいこわい」と笑うぷう夫さん

別に怒っちゃいませんよ

でも二度とやらない

そう誓った、レンジで唐揚げ初めての夜でした

・・・せつないぜ



唐揚げがいまひとつだったので(←味は美味しかった)、定番のメニューに逃げるわたくし(笑)
写真: DSC07626
これなら大丈夫ってことで、さんまのパン粉焼きをw

250度で20分ほど、パン粉がカリッカリになるまでグリルしたら、仕上げにわさび醤油をぽんぽんとのっけました

こちらはビストロハイスペックスピードグリル皿も焼き網も必要なく、耐熱のお皿で十分いけます


これがいけるならりゅうた先生のミルフィーユカツもアレンジできて・・・?
DSC07644
天板にクッキングシートを敷き、薄切り豚肉、大葉、チーズ、豚...、と、くり返します


DSC07645
豚、大葉、チーズ、豚、大葉、チーズ、豚・・・塩、胡椒はお好みで

オリーブオイルと合わせたパン粉をのせて・・・


DSC07647
余熱なし、250度で18分グリルしました

流れ出たチーズが香ばしい〜♪

揚げ油の場合ですと、こうはいきませんものね

揚げてる途中でチーズが出てきちゃったら、そりゃもう大騒ぎ(泣)


写真: DSC07651
衣がサックサクでうまうまです♡

「ソースで召し上がれ」と言ってる側から、マヨは友だちマヨラー中年ぷう夫さんはマヨをたっぷりどっぷり

「うまーい!」

ええ、ええ、その言葉だけで十分ですよ(←遠い目)




別の日にミニミニ春巻きにも挑戦したのですが、
写真: DSC07659
包み方が甘かったのか、この時も流れて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜ん、チーズのオンパレード(笑)

ホント、油で揚げてたらどうなってたことか・・・

チーズと大葉を、カットした春巻きの皮で包んで、オリーブオイルを全体にまわしかけてグリルしただけですw


サイドメニューとしてパスタをレンジで茹でるこちらも・・・
写真: DSC07640
小林まさみ先生の梅マカロニサラダ

マヨラー中年ぷう夫もお気に入りの1品です

味つけは梅干しとごま油のみ、みょうが&大葉の清涼感たっぷりの爽やか仕上げ〜

大人なマカロニサラダです


                      



このようにいろいろ作らせていただいたわけですが、やっぱり現在のビストロさんがすごいんだってことに、

今さらながら気付いた次第でございます


いよいよ最終となります次回のレッスン、wato先生のご登場です☆






りゅうた先生のレシピと今回のレッスンの模様は、9月30日より→こちら←にて公開されます

超ウルトラハイスペックビストロさんプレゼント企画も♪ぜひぜひ〜♪




☆ りゅうた先生、オレンジページさん、Panasonicさん、スタッフの皆さま、
           美味しい時間をありがとうございました ☆


[edit]

電子レンジ使いこなし隊 第3回レッスン『揚げる』実習編 



みなさま、こんにちは

今日も雨ですね、ぷうです

昨晩の東京の大雨のニュースを見た母が心配してメールをくれました

幸い我が家は大雨エリアとはちょっぴり離れておりまして、難を逃れました

車を運転していると、それまでは小雨だったのに少し行くとどしゃ降りということがあります

最近、特にそんな場面が増えた気がします

ゴム長靴の必要性を今までになく感じております

でも長靴ってどうしてあんなにずっしり重たいんでしょうね

あれだけ重たいと逆に足かせになっちゃう気がして、必要性を感じつつも未だ購入には至っておりません

軽くて丈夫な長靴が欲しいわたくしです

どこぞにありませんかね・・・




と、本日もなかなか本題までが遠く・・・笑

オレンジページさんのイベントの続きとなります

『ミルフィーユとんカツ』をグリルしている間に、次の行程へ

『レンジ蒸しなすとトマトのサラダ』を作ってくださるのですが、こちらでもりゅうた先生のお料理ポイントがいっぱい☆
DSC07244
なすの皮はピーラーでさささーっと剥くと扱いやすいそうです


剥いたなすを水につけて軽くもみ、
DSC07247
ラップでフワッと巻いてレンチンします


ここで『ラップを巻いたまま水につけて粗熱をとる』ことが大事だとか

水に直接触れないので、水っぽくならないそうです
DSC07250
そうしてラップを剥がせば、翡翠色のつやつやなすのご登場〜☆

この綺麗な色は、今の時期ならではなんだそうですよ


乱切りトマトと合わせ調味料を和えれば完成♪
DSC07277
サラダっぽくもあり、お浸しのようでもあり、しっかりしたお味はおつまみにもご飯にもぴったりでした


お次は『いろいろきのこのレンジなめたけ』となりますが、こちらも超簡単!
DSC07260
なめこ、えのき、しいたけと調味料をぐるぐる混ぜ合わせてレンチンしただけw

コトコト鍋で煮込んだなめたけをたまに作りますが、レンチンしたものも遜色ない美味しさです

さらりとした感触で、夏にはこちらのタイプのほうが食べやすい感じでした
DSC07276
おろし大根との相性もぴったりで☆



りゅうた先生のレッスンのあとは、いつも通りの実習&試食です

第1回目からなにかとご縁のあるラジオさんと二人一組になってチャレンジ♪

のんびりなわたくしをそうっとアシストしてくださる頼もしい方です

そんなラジオさんのお力を借りつつどうにか完成しました
写真: DSC07272
カツがちょっぴり焦げましたけども(笑)

ミルフィーユ状に重ねてからの押さえ込みが足りなくて、山高状態で加熱したのが原因のようです

DSC07283
けれど衣はサクサク、中はジューシー、しっかりトンカツですよ、奥さま

キムチの酸味とクリーミーなアボカドが豚肉と合う、合う♪

これはぜひとも妖怪油すまし中年ぷう夫(俺の夢:毎日なにかしら揚げもの)に作ってあげなきゃ♡



揚げ油の処理も必要ないし、レンジでグリルしている間に片付けは済んじゃうし、ていうか、なんかひま?

土鍋でコトコト長い時間をかけてお料理することに幸せを感じていたわたくしとしては、この余った時間をどう使ったものか(笑)

レンジでクッキング、あなどれないわ・・・

そうこうしてるうちに毎度お馴染みのイリュージョンタ〜イム♪

DSC07293冷凍したままの鶏肉が唐揚げに変身したり、

DSC07296思わず手が出てしまう両面こんがりトーストが登場したり、

DSC0729814年前のレンジと肉まんのふわふわ加熱対決を体感したり、

Panasonicさんが誇るビストロの凄さをこれでもかと、今回も見せつけられるわけでございますよ

大袈裟でもなんでもなく、ビストロ1台あればガスは必要ないんじゃないかとさえ思ってしまいます

「これはちょっと・・・」というお話もしたいのですが、今のところ見つからないんだなぁ

なんだかなぁ・・・





お料理ポイント盛り沢山のりゅうた先生のレシピと今回のレッスンの模様は、

9月30日より→こちら←にて公開されます

ぜひぜひ♪




☆ りゅうた先生、オレンジページさん、Panasonicさん、スタッフの皆さま、今日もありがとうございました ☆


[edit]

電子レンジ使いこなし隊 第3回レッスン『揚げる』 



みなさま、こんにちは

気がつけばすっかり秋の風を感じるこの頃いかがお過ごしでしょうか、ぷうです

忙しさにかまけて8月のブログ更新はたったの4回!

どうなっとんぢゃと自分に問いかけるも明確な答えは出ず、

不器用ですからと健さんばりに言ってみたりして(笑)

今年の夏は、夏らしさをあまり感じることなく終わってしまったような気がします


さて、本日は毎回楽しませていただいておりますオレンジページさんのイベントのご報告を♪

電子レンジ使いこなし隊メンバーとして3回目のレッスンになりますが、今回のテーマはずばり・・・

写真: DSC07205『揚げる』

電子レンジで?

そーなんです、レンジで揚げものでございますよ、奥さま

中年に差しかかってもなお揚げもの好きが止まらない、化け猫かろくろ首かはたまたぷう夫さんか・・・

そんな(←どんな?)妖怪中年ぷう夫さんが納得するレシピをぜひともお頼み申す!


てなわけで、今回の講師はメディアでお馴染みのきじまりゅうた先生
DSC07209 DSC07232
写真: DSC07287

・・・先生、反則です

りゅうた先生のクルクルお変わりになる表情に釘付けです(笑)


いかん、りゅうた先生のお手元に集中!集中!!

本日のレシピは『レンチン♪キムチとアボカドのミルフィーユとんカツ』と

『レンジ蒸しなすとトマトのサラダ』『いろいろきのこのレンジなめたけ』の3種類

DSC07216ペースト状にしたアボカドを薄切り豚にぬりぬり

DSC07218豚肉のせて、アボカドぬって、キムチをのせる

DSC07219豚肉のせてアボカドをぬり、最後に豚肉をのせる

『豚、アボ、豚、アボ、キム、豚、アボ、豚』の順番ですね(←暗号か?)


DSC07224あとは衣をつけて天板に並べ

DSC07225ビストロさんへ、いってらっしゃ〜い♪



こんがりとした焦げ目に感動する間もなく
DSC07236


ザクッと入る包丁の音と共に、美しい断面が・・・
DSC07237

断面loverにはたまらない光景ですw


                      


楽しいアクションの中にも、りゅうた先生のお料理ポイントはとーっても参考になるものばかりなんですよ
DSC07221
例えば、こちらのフライの衣・・・

通常は『小麦粉→とき卵→パン粉』のところ、

りゅうた先生の場合、『小麦粉→小麦粉とマヨネーズと牛乳(or水)の合わせ衣→パン粉』

「卵1/2個分とか、あとが困るでしょ」と、わかりやすい解説つき(笑)

しっかりとした衣で旨味もたっぷりです



そして目からうろこのキャベツの千切り、大葉プラス☆
写真: DSC07230

大葉をキャベツに挟んでから千切りにするだけなんですけども、

いえね、これまでわたくしキャベツと大葉、別々に切ってましてね

いざふたつを混ぜ合わせようとしても大葉が手にくっつくわ固まっちゃうわ、うまいこと混ざんないわけですよ

「うんうん」と頷いてくださったそこの奥さま、ぜひお試しあれでございます


そんなお料理ポイントも盛り沢山のりゅうた先生のレシピと今回のレッスンの模様は、

9月30日よりこちらにて公開されます

ぜひご覧になってみてくださいね〜



次回はいよいよ実習&試食、レンジで揚げものの運命やいかに・・・




☆ りゅうた先生、オレンジページさん、Panasonicさん、スタッフの皆さま、ありがとうございました ☆


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。