ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

夏休み【7】〜山形〜肝を冷やした後は...時の宿すみれ 



みなさま、こんにちは

ちょっと恐い映画大好きです、ぷうです

夜中にひとり、首がぽーんっ、血がブシューッ、みたいな映画を観てて、

そこにW.Cで起きてきたぷう夫が遭遇そしてドン引き・・・なんてことはままあります(笑)

「アロエの断面の緑色の汁ってプレデターの血にそっくりだよねっ」と言ったら、

「それ、外で言わないで」と、本気で嫌がられました(言っちゃったけどw)


今のホラー映画ってあんまり恐くないと申しますか・・・

大昔、姉2号にしがみついて、姉の肩越しにしか観られなかった『遊星からの物体X』とか、

音楽が耳から離れなかった『エクソシスト』とか、

『オーメン』シリーズの底知れない恐怖感とか、

あのようなドキドキを感じられないのです

眠っているダミアンの髪の毛を、パパがかき分けかき分け”666”という数字を発見した瞬間の、

あのちびりそうな感覚・・・忘れもしません

歳をとっただけの話なのでしょうか?


霊感がある人とそうでない人とがいる、と聞きますが、わたくしは全く感じません

感じないから何かがあっても気付かない・・・だから恐怖も感じない・・・

恐怖を感じる人は繊細なんでしょうね


そんな鈍感なわたくしが久々に「恐い」と感じた場所がこちら

DSC00816

大立洞窟(おおだちどうくつ)・・・恐くてしっかりカメラも構えられずw

山形の高畠町の山奥にあります

山寺帰りで、生まれたての子鹿ちゃんのようにぷるぷる震える爆弾膝を抱えてるというに、

今宵のお宿に行く途中、洞窟があると知れば行かずにいられない洞窟バカなわたくしw

で、渋るぷう夫に「右だ左だ」と命令しながらたどり着きましたよ

で、結果、洞窟の入り口すら見ることなく恐くてダッシュで戻ってきちゃいましたw

爆弾膝のことも忘れて・・・Ф


どうしてあんなに恐怖を感じたのか、未だにわかりません

整備されてない山道&草ボーボーの雰囲気に気圧されちゃったのかもしれませんね

と、強がってみる(笑)

 

      ĥϡ      Хϡ      ĥϡ

 

感じるところには近付かないのが一番、というわけで、

DSC00802

気分を変えて、ワインを買いに高畠ワイナリーさんに寄ったり・・・

 

米沢のフルーツショップ[キヨカ]さんにて、

DSC00818

桃のかき氷を半分こしたり・・・

 

一新したところで、時の宿すみれさんへ

DSC00827DSC00496

チェックイン時刻より少々早めに到着してしまいましたが、快く迎えてくださいました

ただひとつ・・・真夏のお抹茶はしんどい・・・ちべたいのをどうかひとつ・・・笑


こちら全10室、お二人様専用の旅館です

(二人連れであれば、男性女性組み合わせ問わず )

ずっと泊まってみたかった施設のひとつですが、部屋にTVが無いということで、

No TV No Lifeのぷう夫から拒否られ続けてきましたw 

DSC00835

 DSC00831 DSC00833

ベッドはシモンズ、お風呂なし、W.Cのみで、すごーくシンプルな造りです

アメニティも特筆すべきものもない、必要最低限な品揃え

 

 

なにはともあれ、山寺で汗まみれになったこの身体をどうにかしよう、と大浴場へ・・・ 

DSC00491

300年以上も昔の書物にも載っているらしい、由緒正しき米沢・湯の沢温泉です

100%源泉掛け流し(加温あり)、お猿さんが傷を治したと言われるその効能は、

わたくしたちの疲れ切った身体にも効かないはずがありません


そして、貸し切り露天風呂も2種類あります 

DSC00495こちらも源泉掛け流し

小さなスペースですが、川の流れや緑を眺めながらゆるゆるとした時が流れ・・・

ああ、幸せ֥ϡ

部屋にお風呂がないぶん、24時間入浴可能です

そうこなくっちゃですね〜


そして、こちらのお宿、なんと言っても米沢牛尽くしのお食事がもう素晴らしくて餭 

次回、たっぷりお伝えさせていただきたいと存じまーすڤ

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

トラックバックURL
→http://poupou525.blog.fc2.com/tb.php/296-eafc878e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。