ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

夏休み【13】〜栃木〜湯西川温泉 本家伴久 お食事編 

みなさま、こんにちは

夏に戻ったかのような暑さでしたね、ぷうです

衣替えをさぼっててよかった・・・笑

 

長い間お付き合いいただきました夏休みのご報告も、

そろそろと申しますか、やっとと申しましょうか、終わりに近付きつつあります

「なんだかな〜」の、やりきれない記憶も何気に薄れてきた今日この頃、 

本日は伴久さんの御食事について・・・

 

かずら橋を渡ったその先に、なんとも雅な世界が目の前にひろがります 

DSC01093

赤絨毯が敷き詰められた階段をゆっくり登って行けば、

今宵の宴への期待も高まるってなもんでございますよ 

 

DSC01091 

出ました噂のお食事処『平家隠れ宿』

長い年月を重ねながら、ずっと大切にされてきた想いというものを、感じずにはいられない空間です

 

DSC01069 

そしてご案内されましたのが、囲炉裏付きの個室

露天風呂付きのお部屋に宿泊していると(あとは連泊とか)、個室に案内され、

そうでない方々は、囲炉裏が点在する大広間でいただくというカーストなシステム・・・

人それぞれでしょうが、こういうのってなんだか居心地悪く感じるわたくし

「個室きゃっほう♪」と、ぷう夫ははしゃいでおりましたけども ウーン

 

 写真: DSC01072

で、肝心のお料理ですが、品数の多さでも有名な伴久さん

既にお膳には、お造り(生湯葉とかこんにゃくetc.)から和牛豚冷しゃぶまで、

大量のお料理がセットされております

 

DSC01075

そして、囲炉裏にはどのくらい放置されていたのかわからないくらいカピカピになった、

鮎、さつま揚げ、とうもろこし、そして名物の『一升べら』

1へらで一升飲める味わいというそれは、骨ごとたたいた鳥に山椒や味噌を合わせたもので、

囲炉裏であぶりながらいただくそうです

ってか、あぶりすぎ(笑)

もうかっちかっちに乾燥しちゃってまして、へらからはがすのにもひと苦労・・・

スパイシーなお味は、お好きな方にはたまらないのでしょうね

 

まだ全然すすんでいないのに、次から次へと運ばれてくる容赦ないスピード感は半端ありませんw 

早くお帰りになりたいのかしら?な、仲居さん?? 

DSC01076

口代わりの『ずわい蟹 生野菜』

 

 

DSC01079 

入った時から用意されていた、焼き物の『和牛石焼き』

か、硬い・・・ぷう夫の差し歯が心配になるほどの硬度(笑) 

 

 

DSC01081

油物『加茂茄子亀甲揚げ』

 

 

DSC01084

〆は『三色素麺』

久しぶりにプラッチックの器を見たよ、かーさんw

 

 

DSC01085

水菓子『レモンシャーベット&メロン』

「ぷうちゃん、これが一番おい...」「シーッ!! 」

ただいま、不適切な発言がありましたことをお詫び申し上げますå 

 

そもそものお話なんですが・・・

お席に着く前からお料理がテーブルに用意されているのが、なにより許せないわたくしは、

こちらのお部屋に入った瞬間、お膳を見た瞬間、諦め気分でおりまして・・・

お味の方はと言えば、これはもう好みの問題ですから仕方ありません

ただ囲炉裏焼きに限らず、けっこう前から用意されていたであろう、

表面が乾燥してしまった素材の数々は、お料理としていかがなものかと思うのです 

『夕食の御時間は?』とチェックインの時にお尋ねになる意味は、いずこにや?? 

 

それからアルコールの価格設定も・・・

ビール中瓶735円、生ビール(大)987円、これはまぁ、わかります

なにより驚いたのは、『赤』と『白』という雑なカテゴリーしかないワインが1本3150円(F)

近所のスーパーでよく目にする定価780円くらいのオージーワインが、です 

このような純和風の旅館では日本酒やら焼酎じゃろ、というのは重々承知しております

が、如何せん、それ系が苦手なへなちょこ夫婦、ワインをお願いするしかないのです

旅館等でのドリンクは原価の3倍程度と解釈しておりますが、

こちらを高いと考えるわたくしは、気持ちにゆとりが無いのでしょうか 

ま、いただきましたけども(笑) 

 

 

 

出すのも早かったけど、お膳を下げるのも早かった仲居さん、

もうおうちに着いたかしら・・・と、外へ出れば、 

DSC01098 な、なんじゃこりゃ〜

プリンセス天功嬢かMr.マリック氏でも飛び出てきそうな、イリュージョンワールド餭 

スモーク無しなのが惜しいくらいw 

なんて言いますか、重厚なお屋敷を含め壮大なアミューズメントパークとして楽しむといいのかな、と、

ここにきてやっと気がつきましたわФ

 

デモナンデ、アオ...

 

 

献立に困ったら 楽天レシピ


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Re:夏休み【13】〜栃木〜湯西川温泉 本家伴久 お食事編(10/09)  

こんばんは。
ウ~~ン、これは・・・、
なぜ評価が高いのか?謎は深まるばかり。
好みはそれぞれですからね^^;ライトアップの橋も色が、どうしました!?という感じなんですね。
湯西川温泉には行ってみたいな~と思っていたのですが結構皆こんな具合かも。
ちょっとビックリ、ガックリ。
ぷうさん、ご報告有難うございました。
旅館側はこういう声を真摯に受け止めて頂きたいものです。

千芽々 #79D/WHSg | URL | 2013/10/09 19:47 * edit *

Re:夏休み【13】〜栃木〜湯西川温泉 本家伴久 お食事編(10/09)  

今回も毒が小気味よく効いていましたね。
私はどんな安宿でもつい、よいしょしてしまうので、こういう辛口コメント書ける事に憧れます。
ユーモアがあるからくすっと笑って毒もたのしくいただけます。
一般の旅行雑誌も基本はよいしょだから、ぷうさんの美しい写真が一杯でかつ容赦ないレポートは勝っていると思います。いやいや、これはよいしょではないですよ。

さて、コメントありがとうございます。
楽天のフォト倉をやってみようと試したのですが、、、どーもうまくいきませんのでやめました。
毎日書かない、方向転換するにはやはり転地が必要かなあとおもいました。
ぷうさんみたいな個性的な文章が書けると良いんだけど。
では、又、お会いしましょうね。

Ashly5050 #79D/WHSg | URL | 2013/10/09 21:26 * edit *

千芽々さんへ♪  

こんにちは!
お食事の味は好みですからね〜、万人に好まれるというのは難しいのでそれはまた相性が悪かったと諦めるしか・・・笑
そこはそこで諦めがつくのですが、トータルでどうかと考えると再訪はないかな、と。
湯西川の他のお宿はどうなのでしょうね〜

ライトアップの青、すごいですよね!
ナチュラルカラーだったら素敵だと思うのですが、これはもう稲川淳二氏の噺会がいつ始まってもおかしくない、みたいな( ´∀`)ハハハ

ぷう☆pou #79D/WHSg | URL | 2013/10/10 14:27 * edit *

Ashlyさんへ♪  

こんにちは!
いつも毒々しくてすみません・・・でもお褒めのお言葉として、たいへん嬉しいです( ´∀`*)ウフ

それはそうと、『フォト蔵』もダメでしょうか?
楽天さんの『フォト倉』は存じませんが、『フォト蔵』さんはとても簡単ですよ。
自分のアルバムから写真を選んでアップロードしたら、好きなサイズのものをドラッグするだけです。
私は『フォト蔵』とリンクさせたくないので、ドラッグという簡単な方法を使っています。
なんか、しつこくてすみません(笑)
またの再開、心よりお待ちしております・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

ぷう☆pou #79D/WHSg | URL | 2013/10/10 14:41 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://poupou525.blog.fc2.com/tb.php/303-09396cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。