ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

夏休み【14】〜栃木〜 大田原牛から満願寺♪ 

みなさま、こんにちは

今日も暑くなりそうですね、ぷうです

土曜頃まで続くとか・・・ご体調にお気をつけくださいませͤ 

 

 

さて、長らくの夏休み編、いよいよ本日をもって終了となります

で、伴久さんの朝食についてですが、正直もうあんまり書きたくない・・・でも書くっ(笑) 

本館地下の渓流沿いのお食事処でいただくビュッフェスタイルの朝食でございまして・・・ 

DSC01105

題して『合宿所の朝食』

以上!!

 

あ、そうそう、コーヒーだけでもいただこうと、

ロビー内のフリードリンクコーナーに、この時初めてまいりましたらね、

チェックインの時だけですってよ、フリータイム

で、そんなことも知らずに食事を終えたゲストの方々が、わらわらやってくるわけですよ

そんな気持ちを知ってか知らずか、横のカウンターで1杯400円でドリップコーヒーを販売って・・・ 

なんか許せん 

(あくまで1泊3万円越えクラスの宿泊として、お話させていただいておりますのでご了承くださいまし)

 

      ĥϡ     Хϡ    ĥϡ

 

逃げるようにチェックアウトを済ませ、車に乗り込んだ瞬間、

すみれに戻りたいよう」と泣きつくぷう夫さんをなだめつつ、

「お腹空いたね」とまいりましたのが、鬼怒川にあるわらびさん

ぷう夫は五色盛りのお蕎麦を、 

DSC01121 

 

意味なく攻撃的なわたくしは、大田原牛のハンバーグを(笑) DSC01124

夢中でいただきましたとさ、めでたしめでたし

 

 

 

そしてお腹もふくれたことだし、カロリー消費のためにいっちょやってやるかと向かいましたのは、

写真: DSC01184 

行ってみたかった出流山満願寺さん

マイナスイオンいっぱいのパワースポットでございます

 

写真: DSC01180 

蒸し暑さの中にもしっとり優しい空気が心地良い֥ϡ 

 

 

DSC01131ゆっくり階段を登って行けば、 

DSC01133それは見事な本堂が餭

が、しか〜し、わたくしの目的はこちらではございませんw

 

300円の入山料をお支払いし、目指すは『奥之院』

山寺を踏破した余裕みたいなものもあり、

正味1キロ程度の道のりなんざへっぽこロードさ!と、考えた自分が甘かった(笑)

 

DSC01171

渓流沿いの、びみょ〜♪に緩やかな坂を、延々えっちらおっちら登るわけでございますが、

この、びみょ〜♪な傾斜がじわじわ身体にくるわけで・・・

「1キロって嘘、嘘!2キロは絶対あるわよっ५

とばっちりで怒りをぶつけられるぷう夫もいい迷惑です

てか、あなたの右ふくらはぎにさっきから止まってる蚊が、血を吸い過ぎてパンパンなんですけど...クスクス 

甘くて美味しい血を蚊も知ってるんでしょうかね(笑) 

 

それはさておき長い道のりの末、じゃじゃーん(←古い)と現れる奥之院は圧巻のひとことです 

DSC01167そしてここから、

 

DSC01141化粧剥がしの百余段の階段を更に昇り、

太腿が痙攣し始めたその頃、辿り着いた先には・・・ 

DSC01143鍾乳石でできた『十一面観世音様』がっ

「また鍾乳洞かよっ」

ハイ、ぷう夫さん黙ってて(笑)

 

十一面観世音菩薩様は子授け、安産、子育ての観音様として信仰されておりまして、

現在のわたくしには全くもって縁の無いご利益でございますが、

そんなことより鍾乳石で自然にできたという有り難いご尊像を一度拝顔したく・・・

あ、後ろ姿であらせられます、念のため

 

DSC01155

観世音様側から入り口を眺めると、なんだか不思議な気分になります

さほど大きくはない鍾乳洞ですが、一歩入ると涼しくて、空気が澄んでて、

自ずと乱れた心も落ちつき・・・と、思いきや、 

「もう、いいでしょ〜帰ろうよ〜」

ハイハイ、ぷう夫さん、帰りましょうね

ここまで付き合ってくれたんだもの、感謝感激雨あられですよ

 

さてと、現実世界へともどりましょうか・・・

いろんな意味でФ 

 

 

 

ͤ長きに渡る夏休み編にお付き合いくださり、ありがとうございましたͤ

 

献立に困ったら 楽天レシピ


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

トラックバックURL
→http://poupou525.blog.fc2.com/tb.php/304-37919f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。