ぷうのあれこれ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

新感覚ライス・メニュー「カル・ボウル」特別試食会【1】 


みなさま、こんにちは

お久しぶりの更新となってしまいました、ぷうです

コメントのお返事&つくレポの承認などなど遅くなり、たいへん失礼いたしました

ご訪問も遅れていますこと、重ねてお詫び申し上げます



先日、ご招待いただきましたイベントについてご報告を・・・

いつもお世話になっておりますレシピブログさん主催の、

新感覚ライス・メニュー「カル・ボウル」特別試食会に参加させていただきました

場所は新宿にあります『東京調理師専門学校』さん

写真: カルローズ
教室がキッチンスタジアム風で設備の充実っぷりがすごい(←当たり前)

こういうところって初めてなので、ワクワクきょろきょろ挙動不審オーラも全開にw



カルローズ

まずはUSAライス連合会のアジアプログラムディレクターでいらっしゃるビル・ファーマーさんから、

『カリフォルニア生まれのおコメ”カルローズ”』についてのお話を・・・

野生の生物がたくさん生息する安心安全な水田で生産される”カルローズ”は中粒種という種類で、

短粒種である日本のお米と比べると、少し粒が細長い感じです(ちなみにタイ米、インド米などは長粒種)

特徴としては、

1.ベタつかず食感が軽い

2.香り、味を吸収しやすい

3.ドレッシングやオリーブオイルとの相性抜群

4.アルデンテの食感が出しやすい

5.冷たくしても美味しい

6.調理に手間がかからず扱いやすい

だそうで、もっちり系の日本米とは若干異なるようです



新タイプのお米との出会いに期待も高まるなか、次はロバート・マーシュさんのお料理デモンストレーション
カルローズ

サンフランシスコ出身のロバートさんはカリフォルニア料理専門のシェフで、20年以上レストラン業界に携わってこられたそうです

日本にいらして7年、現在は専業主夫(!)兼、カリフォルニアキュイジーヌ料理教室の講師をされてるとか・・・


お料理の手順やコツをレクチャーされつつ、ぱぱっとお作りいただいたのがこちらの2品です

カルローズ カルローズ

左『メカジキのローストと水菜のカル・ボウル マンゴー&アボカドサルサで』

右『ローストチキン&サフランライスのカル・ボウル レモンタイムバターをのせて』


教室を移動したのち、加えてもう2品、合計4皿を試食させていただきました

カルローズ カルローズ

  カルローズ 

左『ハーブの香りが豊かな、ナス、ズッキーニときのこのカル・ボウル ローストパプリカのソースで』

右『モンダヴィのシャルドネ』

左下『カルローズのライス・プディング ブルーベリーソース添え』


確かに、日本のお米ではこうはならないでしょうね、という食感です

粒がしっかりしてて、噛み応えがあって、ぱらぱらのかる〜い食感

「炒飯とかリゾットとかによさげですね〜」なんて、仲良くなったブロガーさんとあれこれお話しつつ、

楽しいひとときを過ごさせていただきました


カルローズ

おみやげにカルローズとおされなライスボウルもいただき、嬉しさも倍増


そんなカルローズを使ったレシピは、また次回・・・







USAライス連合会の皆さま、ロバートさん、東京調理師専門学校の皆さま、レシピブログさん、


貴重なひとときをありがとうございました




関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://poupou525.blog.fc2.com/tb.php/371-bafde849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。